HTB開局50周年 イチオシ!スペシャル へえ!ほお~!150年 あなたと選ぶ重大ニュース 第2弾 ~平岸から創成へお引越しスペシャル~

橋本聖子参院議員が初入閣 東京オリパラ担当大臣に

2019/09/11(水) 17:47 掲載

 11日の内閣改造で、橋本聖子参議院議員が東京オリンピック・パラリンピック担当大臣として初入閣することが決まりました。出身地のでは喜びの声が広がっています。
 入閣が決まった橋本参院議員「私自身、オリンピアン(五輪出場経験者)の立場。オリパラの素晴らしさというのを新たな産業を構築していくことも含め取り組んでいきたい」
 オリンピックメダリストに自民党の参議院トップ。そうそうたる経歴のなかに、「大臣」が加わりました。
 橋本氏は1992年のアルベールビルオリンピックのスピードスケートで銅メダルを獲得。さらに、自転車競技で夏のオリンピックにも出場し、夏と冬あわせて7度出場したいわば「オリンピックの申し子」です。
 その後、参議院議員に転身。5回の当選を重ね、自民党の参議院議員会長などを務めました。
 今年春の知事選にも一時、自民党内で擁立を求める声がありましたが、結局、出馬を見送った経緯があります。
 出身地の安平町早来。地元のスポーツセンターには「せいこドーム」という愛称がついています。1階にはスケートをする橋本氏の像が。
 安平町民「やったー!と思いました」「みんな(東京)オリンピックで頑張っているので、それに応えるようなことをしてほしい」
 スポーツ界に幅広い人脈をもつ橋本氏。札幌市が進める2030年の冬季オリンピック・パラリンピック招致にとっても、力強い援軍となりそうです。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿