HTB開局50周年 イチオシ!スペシャル へえ!ほお~!150年 あなたと選ぶ重大ニュース 第2弾 ~平岸から創成へお引越しスペシャル~

模擬坑道からの排水に約4800万円 夕張市

2019/12/03(火) 12:17 掲載

 今年4月、夕張市の石炭博物館の坑道でおきた火事で市がおよそ4千800万円の費用をかけて来月にも坑道の水を抜く作業に入ることが明らかになりました。
 夕張市の石炭博物館にある模擬坑道で今年4月に発生した火災では、川から汲んだ水などを坑道内に放水し、一か月かけて消火活動が続けられました。夕張市は放水で坑道内に溜まった水を排水するのに、およそ4千800万円が必要だとして、きょうの市議会で財政再生計画の変更を提出しました。国の承認を経て補正予算が組まれ、可決される見通しです。坑道の水を抜く作業は早ければ来月中旬から始まり、状況を見て営業が再開できるかどうかを検討するとしています。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿