HTB開局50周年 イチオシ!スペシャル へえ!ほお~!150年 あなたと選ぶ重大ニュース 第2弾 ~平岸から創成へお引越しスペシャル~

例年ピークなのに…インフル患者が少ない

2020/02/13(木) 19:12 掲載

 寒さが厳しくなるこの時期は、インフルエンザの流行がピークを迎えるはずですが…今シーズンは患者の数が少なくなっています。いったいなぜなのか?実は、新型コロナウイルスが関係しているんです。
 及川桂司記者「毎年今の時期に流行するのがインフルエンザですが、今年はそれに異変が起きています」
 去年末、A型が流行の兆しを見せていたはずの「インフルエンザ」。札幌市内の患者は毎年、新学期が始まる1月下旬からさっぽろ雪まつりのある2月上旬にかけて急増しています。
 しかし今年は、最新の数字で1医療機関あたり10.05人。例年より低く推移しています。その理由が…
 札幌市保健所感染症総合対策課 古澤弥医師「新型コロナが話題で、それに関する感染予防策として、手洗い・咳エチケットを皆さん気を付けている。予防はインフルエンザとほぼ変わらないので、インフルエンザが落ち着いていると言えると思う。小中学校は学級閉鎖はいくつかあるが、例年に比べると少ない。通常だと2月~3月に流行は続くので、引き続き注意が必要」
 新型コロナウイルスの予防のための「手洗い」はインフルエンザ対策にも有効です。効果的な手洗いのコツを専門家に聞きました。
 専門家「片方の手のひらに指先をこすり指先を洗う」
 その1、指を立てて指の腹と爪の部分を反対側の手のひらでこすること。
 その2、片方の手の甲をもう片方の手のひらで覆うようにして手の甲と指の間をまんべんなく洗うこと。
 その3、洗いにくい親指は、手のひらでくるむようにして洗うこと。
 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、WHO関もマスクの着用と手洗いを組み合わせることが重要だとしています。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿