HTB開局50周年 イチオシ!スペシャル へえ!ほお~!150年 あなたと選ぶ重大ニュース 第2弾 ~平岸から創成へお引越しスペシャル~

新型コロナ対策 札幌市が電話相談窓口を開設

2020/02/14(金) 12:00 掲載

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、札幌市はきょうから電話相談の窓口を設けました。
 札幌市がきょう開設した電話相談窓口では、症状がない場合でも不安なことがあれば問い合わせができます。電話番号は011‐632‐4567で、午前9時から午後9時まで、土日・祝日も受け付けます。新型コロナウイルスの感染拡大で、苫小牧市では先週、友好都市である中国河北省の泰皇島市に防護服やマスクなどを送っていました。中国の札幌総領事・孫振勇氏がきょう苫小牧市役所を訪れ、支援物質への感謝を伝えました。孫氏は「あたたかい支援をして頂き誠にありがとうございます。(新型コロナウイルスとの)闘いに勝つ自信が持てると確信している」と話しました。孫総領事によりますと、先月28日に道内で初めて新型コロナウイルスの感染が確認された中国人女性は症状が改善し、きょうにも帰国するということです。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿