新型コロナウィルス

道議会 新型コロナ対策で277億円の補正予算

2020/03/26(木) 7:14 掲載

 新型コロナウィルスの緊急対策として、道議会できのう、およそ280億円の補正予算が成立しました。
 道議会本会議で、鈴木知事は「感染拡大防止と社会経済活動の両立を目指し、今般の補正予算を十分に活用して、全道一丸となってその戦いに全力を尽くす」と述べました。新型コロナウイルスの影響で、資金繰りに困っている中小企業への貸付金の拡充などを盛り込んだ、今年度と新年度の一般会計の総額で、277億円の補正予算が全会一致で可決・成立しました。また、おととし行われた北海道150年の記念イベントの経費として、道が運営制作会社から予算の7倍近くのおよそ6500万円を請求された問題については、道がこのうちおよそ2800万円を支払う民事調停案を受け入れることも可決されました。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿