新型コロナウィルス

知事と札幌市長が緊急会談 五輪延期でイベントは

2020/03/26(木) 18:56 掲載

 26日に開かれた鈴木知事と秋元札幌市長の緊急会談。急転直下、1年程度の延期が決まった東京オリンピックにどう対応するのか、話し合いました。
 鈴木知事「札幌市と緊密に連携をして大会成功に向けて協力したい」
 札幌市 秋元市長「引き続き道内市町村、企業のみなさんと連携して成功に結びつけていかないといけない」
 オリンピックの延期で私たちの暮らしにもさまざまな影響が。マラソンと競歩の会場となる札幌中心部、大通公園で開かれる夏のイベント。オリンピックの開催とぶつかるため、調整が必要でしたが、延期が決まったことで、今後どうなるのでしょうか。
 秋元市長「(ビアガーデンは)夏の五輪が開催されても開催する前提で調整していた。(五輪の)延期による影響はそうないのではないか」
 2019年、およそ117万人が訪れた大通のビアガーデン。マラソンと競歩の競技当日は休む方向で検討していましたが、延期を受けて、札幌観光協会は「例年通りの開催にしたい」と話しています。
 そして大通公園2丁目の盆踊り。オリンピックの直後に開かれる予定だったため、場所を北3条広場に移すことも検討されていましたが、元の場所で開催するか話し合うとしています。2019年に続き、盆踊り会場にザンギの店を出す予定の団体は…
 北海道ザンギ連盟 金井英樹事務局長「五輪が延期になったからといって従来の(大通公園に)戻るかは情報はないが、そのあたり早く決めてほしいと思っている」
 いっぽう、サッカーの予選会場の1つ、札幌ドーム。大会組織委員会が準備期間も含めて6月中旬からおよそ2カ月間押さえていました。
 突然キャンセルとなった期間をどうするのか、まだ決まっていないということですが、2021年の対応も大きな課題です。
 札幌ドーム 藤田なおさん「例年ならコンサドーレとファイターズが試合を開催している(時期)。オリンピックの日程が決まったら、関係各所としっかり調整していきたい」

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿