新型コロナウィルス

高速通信「5G」暮らしどう変わる?

2020/03/26(木) 19:49 掲載

 ミライの技術が現実になりました。携帯大手各社が今週、次世代高速通信「5G」のサービスを始めました。  私たちの生活はどう変わるのでしょうか。
 佐藤俊記者「5G端末では自分の好きな視点からライブ映像を楽しめるんです」
 スマートフォンの映像を指でタッチすると…別々の方向から撮影した6つの映像が流れました。同時に受信したたくさんの映像の中から、自分の見たいものを選ぶことができるのです。
 NTTドコモが25日から全国でスタートした次世代高速通信「5G」のサービス。その特徴とは…
 NTTドコモ北海道支社 広報室 菅原寛司担当課長「高速大容量ということで、より速く大きなデータを送ることができる」
 「4G」を1本の道路に例えると、「5G」は何本もの道路に広がり、たくさんの車が通行できる、つまり、大量のデータを一気に送受信できるのです。
 実際にどれほど速いのか…25分の長さの動画をダウンロードして比べてみると…
 「5G」の端末はわずか15秒で完了。「4G」はその倍以上、35秒ほどかかりました。
 すでに携帯大手各社が「5G」の専用端末を販売していて、NTTドコモの場合、複数の割引サービスを使えば、月額4480円から利用できます。その「5G」が道内で使えるエリアは、JR札幌駅や、地下歩行空間の一部、札幌ドームなど。今後、他の市町村にも広げる予定です。
 菅原担当課長「都市部の人の多く集まるところ、例えばイベント施設だったり、ショッピングセンターであったりそういうところを中心に今後順次拡大を広げていく」
 注目の5G。NTTドコモは25日から。KDDIは26日から。ソフトバンクは27日からサービスを始めます。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿