北海道150年あなたと選ぶ重大ニュース

言語としての手話の普及めざし道職員対象の勉強会

2018/02/13(火) 18:28 掲載

 13日、道が職員向けに手話の勉強会を開きました。
 これは、次回の道議会で提案される、言語としての手話の普及を目指す「手話言語条例」をきっかけに石狩振興局で行われたものです。勉強会では自己紹介やあいさつ、50音などについて、手や指の動きを学びます。道内の振興局のうち石狩振興局では、全ての課に挨拶程度の手話が出来る職員がいることを目指しています。このような試みは初めてで、職員は講師の指導を熱心に聞き入ってました。参加者は「復習しないとちょっと覚えられないかなと思う」「家で試してみたいと思います」などと受講した感想を話しています。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿