新型コロナウィルス

初サンマ 札幌で初セリ 追いかけてみると…

2020/07/16(木) 18:46 掲載

初サンマ 札幌で初セリ 追いかけてみると…

 銀色に光り輝く初物のサンマ。16日、札幌市中央卸売市場に並んだのは、15日道東で初水揚げされた10キロのサンマです。
 例年であれば、初セリで威勢の良い掛け声が響きますが…ことしは密集して大声をあげるセリをやめて、売り手と買い手が個別に交渉する「相対取引」となりました。セリと違って値段が上がりにくいため、取引価格は去年の最高値の1キロあたり20万円を大きく下回る3万円から4万円ほどに。
 
 さらに、飲食店が厳しい状況に置かれていることから、ご祝儀相場にならなかったといいます。
 
 丸水札幌中央水産 上嶋義人サブリーダー「今まで過剰に札幌、異常に値段が出てたところあるんで、本来の姿だと正直思います。ただちょっと高値が出てないんで、残念な部分もあります。」
 
 取引されたサンマはどこに向かうのかその行方を追ってみると…行き先は、札幌市内の回転寿司店。
 
 社長自ら、仕入れたばかりの新鮮なサンマをさばきます。
 
 活一鮮 佐藤いわお社長「去年に比べてお魚がキレイですね。身質がいいですね。鮮度もいいし。」
 
 鮮度抜群。初物サンマの握りは一貫539円。去年の959円から値下がりしました。朝に仕入れたばかりのサンマ。早速、初物を口にしたお客さんは…
 
 「いやあ美味しかったですよ。クセがなくて。生臭くなくて。」「初物は縁起がいいので」と話した。
 
 全国で初めて水揚げされたサンマ。このお店では、サンマの握りの売り上げを九州などの豪雨被害の被災地に寄付するということです。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿