新型コロナウィルス

中学校の給食配膳員が感染…生徒に濃厚接触者なし

2020/07/16(木) 19:16 掲載

中学校の給食配膳員が感染…生徒に濃厚接触者なし

 釧路市はきょう道が新型コロナウイルスの感染者として発表した釧路管内に住む40代女性について、釧路市内の中学校で働く給食の配膳員だったと発表しました。
 釧路市は16日午後6時から緊急会見し、釧路市立鳥取西中学校で給食配膳員として勤務しているパート従業員の40代女性が新型コロナウイルスに感染したと明らかにしました。道によりますと、女性はすでに感染した人の同居家族だったということです。
 釧路市によりますと、女性が濃厚接触者となってから中学校で勤務したのは7月10日で、この日は3時間程度勤務したということです。業務内容は中学校の配膳室で給食センターから届いた給食を学年やクラスごとに仕分けするなどで、教職員や生徒との接触はほとんどないということです。
 
 女性は勤務中は常時マスクと手袋を着用していて、室内は毎日消毒していたということです。10日も勤務後に消毒作業が行われていました。その後女性は経過観察者として自宅待機していて、PCR検査で一度陰性でしたが、15日に発熱して再検査を受けたところ陽性だったということです。
 それを受けて学校の配膳室は再度消毒作業が行われました。
 
 釧路市教育委員会の岡部義孝教育長は「臨時休業等の対応は考えていないが、保護者や生徒の不安を払拭したいため会見を開いた。今後とも学校現場の衛生管理は万全の注意をして対応したい」と話しています。現時点で体調不調を訴えている教職員や生徒はいないということです。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿