• HTB NEWS
  • イチオシ!ニュース特集ダイジェスト

MIKIOジャーナル
「知床子グマ3兄弟〜1歳になったモグとハル」

7月17日(火) 放送

MIKIOジャーナル<br>「知床子グマ3兄弟〜1歳になったモグとハル」

去年6月、知床ルシャで3頭の子グマに出会った。
ルシャで3兄弟が生まれるのは、7年ぶりのこと。
遺伝子解析から、3頭はオスだとわかった。
3頭すべてがオスというのも珍しく、モグ、グー、ハルと名付けられた。
知床に通い、3頭の記録が始まった。

9月に知床を台風が襲った後、グーの姿が消えた。
増水した川がグーを押し流したのかもしれない。

10月下旬、丸々と太ったモグとハルに出会ったが、その後、冬眠に入ったはずだ。2頭は、冬を越すことができただろうか。

今年6月、冬期間閉鎖となっていたルシャへの道が開通し、私はモグとハルを捜しに行った。
すると、思いがけない光景を目の当たりにした。
母グマとエゾシカを食べているモグとハルがいた。
2頭は1歳の春を迎えていた。

野犬の運命 〜駆除の実態と保護の現実

7月16日(月) 放送

野犬の運命  〜駆除の実態と保護の現実

今年春、十勝地方の牧場で牛が野犬に襲われる被害が相次ぎました。
いずれも子牛が、背中から肉を食べられて死にました。
自治体は箱罠を置きましたが、比較的賢い動物と言われるイヌが
罠にかかることはありませんでした。

じつは、野生化して山で生きるイヌは、酪農などに被害を与えるとして駆除の対象となっています。
ペットや野良犬とは別の扱いです。

取材を進めると全国で最もイヌを駆除しているのは北海道で、さらにそのほとんどが釧路地方で行われているものということがわかりました。

人間の都合で奪われる命を減らそうと、野犬を保護し新しい飼い主を探す活動を行なっている団体もあります。
しかし、そこには大変な労力が注がれていました。

野犬をめぐる駆除の実態と、保護活動の現実を取材しました。

特オシ!「札幌で豪雨災害 その時何が...」

7月13日(金) 放送

特オシ!「札幌で豪雨災害 その時何が...」

西日本で甚大な被害をもたらしている豪雨災害。
北海道では過去10年で1時間に30ミリ以上、
いわゆる"バケツをひっくりかえしたような"大雨が降った回数が
1977年からの10年間と比べて
約1.9倍に増加しています。

既に過去の気象データをもとに講じられた防災対策が
あてはまらなくなってきています・・・

もしも豊平川が氾濫するような大雨が降ったら...土砂災害が起きたら...その時何が起きるのか。
命を守るためにすべきことは。

〝飲酒ひき逃げ事件〟の矛盾

7月12日(木) 放送

〝飲酒ひき逃げ事件〟の矛盾

去年12月、札幌で飲酒ひき逃げ事件の
被害者となった、タクシー運転手の男性。
足に重傷を負い、職場に復帰できない。

一方、加害者の男は執行猶予の判決を
受け、これまで通りの暮らしをしている。

「発覚免脱罪」。
事故後、飲酒運転の発覚を免れる、
いわゆる「逃げ得」を防ぐため、5年前
被害者遺族らが法改正を訴え、成立した。
しかし、被害者のけがの程度によって
執行猶予付きの判決が多いのが実情だ。

大けがをしたタクシー運転手の男性は
「飲酒運転なら実刑だと思う」と話す。
発覚免脱罪の在り方を問う。

南西沖地震から
25年 奥尻島から生中継

7月11日(水) 放送

南西沖地震から<br>25年 奥尻島から生中継

1993年7月12日午後10時17分。
北海道の南西沖を震源として発生した地震は
日本海側沿岸、そして奥尻島を襲った津波などの影響で230人が犠牲となりました。

当時、揺れ終わりからわずか3分で奥尻島に到達したともいわれる津波ですが、
昨年、北海道は奥尻町や稚内市などで津波の第一波が最速で1分で到達するという新たな予測を発表。
また、道東では震度6以上の地震が発生する確率が大幅に上がりました。

奥尻の教訓はどう生かしていくべきなのか。
ゲストを交えながら中継でお伝えします。

1  2  3  4  5
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿