2021 衆議院北海道2区補欠選挙について、HTBが情報をお伝えします。

2021 衆議院北海道2区補欠選挙

衆院道2区補選告示 各候補者の第1声

2021/04/13(火) 18:28 掲載

 衆議院北海道2区の補欠選挙がきょう告示され6人が名乗りをあげました。  秋までに行われる衆院選の前哨戦としても位置づけられる今回の戦いに注目が集まっています
 。【各候補の第一声】(※届け出順)
 【小林悟候補(無所属・新)】
 「昨年度からのコロナ禍に伴う自粛、経済の疲弊を少しでも改善できれといい」
 【松木謙公候補(立憲・前)】
 「いまなんです。
 コロナ対策でお金をかけるのはいま。私は常に国民のみなさんの命、財産これが大切だと。そういう政治をしていかないといけない」
 【鶴羽佳子候補(無所属・新)】
 「なぜ男性女性平等な社会にならないのか女性の国会議員が少ないから」
 【長友隆典候補(無所属・新)】
 「北海道全体を世界にもっともっと強く発展させて皆様の社会が生活が安心できるようにつくっていきたい」
 【山崎泉候補(維新・新)】
 「バイトもなかなか決まらない社会人1年目で多額の借金を背負ってスタートしなければいけない」私は子どもたちの小さな声も必ず国政に上げる」
 【斉藤忠行候補(N党・新)】
 NHKのスクランブル化と集金人の実態をSNS上で伝えていく活動をこれからも続けていく見たい人は受信料をしっかり払ってみればいいだろうし、見たくない人は受信料を支払わなくてもいいと」