2021 衆議院北海道2区補欠選挙について、HTBが情報をお伝えします。

2021 衆議院北海道2区補欠選挙

衆議院北海道2区補欠選挙 松木謙公氏が当選

2021/04/25(日) 20:35 掲載

  

25日に投開票が行われた衆議院北海道2区補欠選挙で、立憲民主党の前職・松木謙公さんが5回目の当選を決めました。
松木さんは立憲民主党の公認のほか、国民民主党、社会民主党、共産党の地元組織の推薦を受けました。
今回の選挙では、自民党が候補を立てず、野党統一候補の松木さんが優位に戦いを進め、国政復帰を果たしました。
 午後7時半現在の推計の投票率は26.67%で、4年前の前回に比べ、17.08ポイント低くなっています。