「みんなでなぞなモシー」

 

第34回(2010年10月08日更新)

「幾星霜」というほどの期間をやりきったわけではなく、
「いざっ!」と肩に力を入れて取り組んできたわけでもありませんが、
それでも「はい、おしまい」といわれると「あれ?そうなの」と思ってしまう天邪鬼な師範代です。
天邪鬼さにかけては僕の遥か上を行く師範のことですから、恐らく同じような気持ちを抱いていることと推察されます。
皆様、2人の拙いなぞかけにお付き合い頂き有難う御座いました。
が、こんな調子の2人ですから、来月あたりふつーになぞかけしているやもしれません。
ポッドキャストのコーナー、ちょいちょいのぞいてみてください。

(谷口直樹)

nazo_34_01.jpg






皆々様に、ただひたすら官舎です。
てか、変換違うってば。
ええ、感謝です。
支えていただきましてありがとうございました。
私とて「いざっ!」と肩に力を入れて取り組んできたわけでもありませんが、
それでも「はい、おしまい」といわれると「あれ?そうなの」と思ってしまう天邪鬼な市販です。
だ~か~ら~、師範だっつーの。
確かに録音の無い日々は楽なんですけどねえ・・・・・ま、来年あたりふつーになぞかけしてるかもしれませんね~、来年あたり、ですぞ。
あ、そういえば、録音に間に合わなかった千葉市のくろ~さんも、ありがとうございました。
作品しかと見届けました。
そーか、石沢の園児ボイスも聴けなくなるのかあ~。
波田君は立派な大人になれるのかなあ。
決して小さくない感慨を込めて、「皆々様、またお会いしましょう!」谷口をコピペしすぎだっつーの!と独りツッコミ。

(遠藤雅也)

nazo_34_02.jpg




 

第33回(2010年09月22日更新)

なぜ、僕がこの文章を書いているんでしょうか?
僕も正直、分かりません。
本当に僕で良いんでしょうか?

全く状況の分からないまま、気が付いたら僕の作品がエントリーされていました。
皆様、はじめまして。ボーイこと菊地友弘と申します。
「謎かけの体験入学」程度にしか考えていなかったんですが...。
事の発端は、谷口さんの「謎かけを考えておいて!」という一言。
「何を言い出すんだ、先輩。絶対無理!」と思いながらも、そうは言えない僕。
体育会系の世界で育ってきた僕には、先輩に「NO」なんて言うことはできません。
「ラブストーリーは突然に」ではありませんが、「なぞなモシーは突然に」訪れてしまいました。


kikuchi_14s_300_400.jpg

でも、実は謎かけの「いろは」も分からない僕。
しかも、全国から多くの方が参加されるという謎かけの頂?「なぞなモシー」への参加は恐れ多いこと!?

この文章を書きながらも、まだ状況がよく掴めていません。
いったい、このド素人が考えた作品、
まさか先輩たちのデキを上回ることはないとか思いますが、気になる方は是非お聞き下さい。


なお、次回怒涛の最終回のお題は、なんと 「HTB」 です!極度の難問です!!
それでも、皆様に支えられた「なぞなもしー」です。
見事な作品、聴かせてください!!!!

締め切りは 29日(水) です。

(菊池友弘)

投稿は コチラ からどうぞ

※なお、トークの中に時制が微妙な話題もありますが、ご容赦ください。





 

嗚呼、今週も・・・(2010年09月17日更新)

ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ
ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイずびばぜんゴメンナサイゴメンナサイ
ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ・・・・・・・・・・

ごめんくさい!



必ずや、22日(水)に配信します!もう少しだけ、お待ちくださいませ~!!
(遠藤雅也)

 

ゴメンナサイ!!!!!!!!!!!!!!(2010年09月10日更新)

えー、さて、オッホン。







ゴメンナサイ!!!!!!!!!!!!!!


事情により今日の配信ができませ~ん!!
楽しみにされていた方も星の数の数千億分の一くらいはいらっしゃるとは思いますが、
すいません無知がテキトーな表現をしまして・・・・・ご容赦ください。
遠藤&谷口、伏してお詫びします。


ところで、
普通様。PCのお加減は如何でしょうか。
なんとか修復されることを祈っています。
波田君・・・・・・・・・・・・お元気でしょうか?


てか、これまでご投稿いただいていた皆々様は、何処に行かれてしまったのでしょうか?
秋風とともに去りぬ・・・・・では、哀しいかぎり。


帰ってこ~い~よおおおおおおおおおおおおおおおおおお!


来週金曜、17日の配信に向けて頑張ります。
いましばらくお待ちください。
(遠藤雅也)

 

第32回(2010年08月27日更新)

お暑うございます。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
少しずつではありますが、北海道には秋の気配が漂ってきました。
私の脳内にも秋の気配がちらほらと。
そう、人生でいえば、まさに初秋の頃でしょうから。



さて、人は危機を迎えたときに、その器量が問われるものです。
齢を重ねて、そう強く感じるようになりました。
危機に気づかぬふりをするのか、逃げるのか、毅然と立ち向かうのか。



今回は、皆様に器量の程を問い掛けました。
凛とした中に、哀切すら感じる方もいらっしゃるかもしれません。
あるいは、その処し方に光明が見えるかもしれません。



では、背筋を伸ばしたまんま、お聴きください。
曲げてはいけませんよ、ずっと。


nazo_32.jpg


さてさて、次回のお題は 「ネコ」
実に安直、実にテキトー。
しかし、だからこそ、皆様の器量が問われているのです。
私たちに勝てるかな?フッフッフッ・・・(不敵なカンジで)。
締め切りは 9月8日(水) 、お待ちしています。

(遠藤雅也)

投稿は コチラ からどうぞ



 
1  2  3  4  5  6  7  8