キロロリゾートの冬のアクティビティを実際に体験してきたよ

コラム

タカマツミキ

2020/02/20

image001.jpg

こんにちは!アウトドアライターのタカマツミキです。

突然ですが、お休みの日は何をしていますか?

冬は雪が積もるので、外で遊ぶのが難しいですよね。また「冬は寒いから外に出たくないよ~」という方も多いでしょう。

だけど、北海道に住んでいるからこそ、一歩外に出ることで、自然の素晴らしさを存分に味わえることを知ってほしい......!

そんな思いから、今回はキロロリゾートの冬限定アクティビティを体当たり取材してきました。

どんなアクティビティの内容なのか、大人から子どもまで楽しめるのかなど、詳しくお伝えしますよ~!

最初に言っちゃいますが、魅力満載&楽しいアクティビティばかりでした!

「次のお休みはどこへいこうかな...!」と悩んでいる人は、子どもと・友人と・恋人と一緒に、思い切って冬のアクティビティへ足を運んでみてください!

大人も十分楽しめる、冬のアクティビティはなんと15種類以上

01.gif

スキー場と聞くと、スキーやスノーボードを想像する人が多いでしょう。

しかし!

キロロリゾートでは、スキー・スノーボード以外にも冬のアクティビティがたくさんあります。

「どうせメインは子どもで大人は楽しめないんでしょう?」

いやいやいや、大人も十分すぎるくらい楽しめます!

キロロリゾートで体験できる冬のアクティビティの数は、なんと15種類を超えています。驚き。

普段着でいっても大丈夫!必要な道具は全てレンタルできる!

image003.jpg

ウェアやブーツなど自分で用意しなければならないと考えてしまいがちですが、キロロリゾートでは冬のアクティビティを楽しむ人のために、ウェアや手袋、ブーツなど一式のレンタルがあります。

私も今回利用させてもらいました~!

image004.jpg

ちなみに、こんなたくさんの種類の中から自分好みのウェアが選べるんです。

私は何を選んだのかというと......

image005.jpg

THE・全身ピンク。人混みに紛れても一発で見つかります。(笑)

image006.jpg

ブーツはこんな感じで、サイズもたくさん用意されています。

準備完了したら、いざ出陣。

image007.jpg

今回はその中でも、「スノーバナナボート」と、

image008.jpg

「雪上車ツアー」、

image009.jpg

「スノードライブ」の3つを体験してきました。

ひとつひとつ詳しくご紹介していきますよ~!

振り落とされるかもしれないスリルが良い「スノーバナナボート」

image010.jpg

夏の海で楽しまれているバナナボートですが、冬のキロロではこのバナナボートをスノーモービルで引っ張るんです。その名も「スノーバナナボート」!

image011.jpg

受付を済ませてから、いざスノーバナナボートに乗車。

「いきますよ~!」とスタッフがスノーモービルでゆっくりバナナボートを引っ張り始めて、徐々にスピードを上げていきます。

余裕!余裕!と思ったのもつかの間。

02.gif

どんどんスピードが上がって、カーブにさしかかると、遠心力がハンパない。

しっかりハンドグリップを握っていないと、振り落とされそうになるくらい。

実際ハンドグリップを握る力がめっちゃ強くなって、「リンゴでも潰せるんじゃないか」くらい力が入っていました。(笑)

正直スノーバナナボートのことナメてた......。

実は他のお客さんが乗っている姿を見て、

「意外とスピード遅いんだな」「振り落とされないでしょ」と思っていた自分は甘かった。

見た目以上にスピードを感じられるうえに、耳元で風の音がビュービューと鳴るんです。その音がスピード感を倍増。正直、ちょっと怖いくらい。

だけど......めちゃくちゃ楽しい!!!

何が楽しいって、振り落とされるかもしれないスリルが楽しいんです。

カーブのときに体が外に投げ出されそうになるなんて、日常生活ではないですよね。

しかも、途中バナナボートごとジャンプします。

image013.jpg

いきなりフワッと身体が浮いて、ちょっとしたジェットコースターに乗っている気分。

「え、そんな過激な乗り物怖いんだけど」という方もいると思いますが、ご安心ください。

スタッフの方に「スノーバナナボートは振り落とされますか?」と聞いてみたところ、「それはありません(笑)」とのこと。

体験した私が言います。しっかりハンドグリップを握れば大丈夫です!

スピード感、遠心力、浮遊感......日常では味わうことのないスリルが欲しい人は、スノーバナナボートがおすすめですよ~。

「雪上車ショートツアー」でキロロの森を散策する

image014.jpg

次に体験したのは、「雪上車ショートツアー」。最新の雪上車に乗ってキロロの森を約20分間散策するアクティビティです。
(※雪上車とはゲレンデのコースなどを圧雪・整備する専用の機械のことです。圧雪車とも呼ばれます。)

先ほどのバナナボートのように、身体を使うことがありませんので、小さな子どもからお年寄りの方まで楽しめるアクティビティのひとつですよ。

image015.jpg

image016.jpg

時間になったら、スタッフがドアを開けてくれるので雪上車に乗り込みます。

image017.jpg

出発し、ゆっくりキロロの森を進んでいきます。窓からは大自然の景色が見え、ただ眺めているだけで心が癒されますよ。

image018.jpg
折り返し地点では、写真撮影タイムがあり、雪上車から降りて撮影ができます。

image019.jpg


雪上車と一緒に撮影したり、雪に埋もれてみたり、大自然の中深呼吸してみたりと、基本的に自由。

image020.jpg

キロロのマスコットキャラクター「POW君」が! かわいい。

image021.jpg

札幌市とキロロリゾートがある赤井川村の気温差は約3℃ほど。重たい雪の日でも赤井川村の雪はふわっふわでサラサラです。

雪をギュッと握っても、固まらずサラッと落ちます。雪玉を作るのが難しいくらい、超パウダースノーなんです。

あっという間の雪上車ツアーでしたが、ゆっくりと進む雪上車に乗って、大自然を散策する時間は、日頃の疲れをリフレッシュできる素敵な時間でした。

身体を動かす激しいアクティビティが苦手という方は、ゆったりとした時間を楽しめる雪上車ショートツアーが断然おすすめです!

筋肉痛は確実!ゲレンデで「スノードライブ」を楽しもう!

image022.jpg

最後のアクティビティの紹介は、「スノードライブ」です。

スノードライブとは、スキー板にイスがついていて座って乗るタイプの乗り物。

簡単そうに見えますが、コツを掴むまで難しかった......!

image023.jpg


一通り説明を受けたら、すぐに実践。(スタッフはつきません)

image024.jpg

まずはゲレンデ内の一番簡単なコースで練習をします。

座ってから足を上げると、進み始めます。

03.gif

滑り始めると、バランスが取れなくてすぐに転倒。

難しい~~悔しい~~~~!!!!!!

実は私、スノーボードが趣味で、バックカントリーへ出かけるほど、雪の上を滑ることに関して自信があったんです。正直、「スノードライブなんてすぐできるっしょ」と調子に乗ってました。(笑)

だけど、スノードライブの難しさに、あれほどあった自信が見事打ち砕かれることに。

しかも足を地面から上げ続けるのが、地味にツラい!

諦めずに何度も挑戦。

04.gif

滑ること30分間、徐々にコツが掴めてきて、少しの距離なら滑れるようになりました。

image027.jpg

「それならもう本格的なゲレンデのコースへいっちゃおう!」

少し無謀にも思えましたが、勢いだけでいきましたよ(笑)

05.gif

リフトから降りて、いざ出発!

06.gif

「あれ、さっきより乗れてるじゃん~~!」

07.gif

と思った瞬間、思いっきり転倒。

自信過剰はNG。(笑)

転びながらも、やっと山のふもとに到着~~!滑り切ったよ......長かった......!

08.gif

スノードライブは、速いスピードで滑るからこそ、自分で操る難しさと楽しさが味わえます!スピードが出過ぎても、自分の足でブレーキをかけられるので安心です。

レンタル時間は3時間。休憩をはさみながら練習すれば、スキーやスノーボードをやったことがない人でも、問題なく上手に乗れるようになるでしょう。

スノードライブは12歳以上から利用できるので、家族みんなでスノードライブを楽しむのもいいですね。

ただし!私は取材翌日、ずっと足をあげていたせいか腹筋と太ももが筋肉痛になったので、翌日も休めるときがベストかもしれません。(笑)

休みの日はキロロで「冬のアクティビティ」を楽しんで!

キロロリゾートでは、15種類以上の冬のアクティビティがあります。

今回ご紹介した他にも、

image032.jpg

「ミニスノーモービル」に乗ったり、

image033.jpg

雪の上を「スノーバギー」で走るスリリングな体験ができたりしますよ。

また、札幌から小樽まで高速を利用すると、約1時間でキロロリゾートに到着します。足を運びやすい距離ですね。次のお休みは、キロロリゾートで北海道の冬を存分に楽しんでくださいね。

この記事を書いたのは

タカマツミキ