ハロプロ研修生北海道のLINE LIVE初出演・全部レポ!

アイドル

乗田綾子

2019/01/09


いよいよやってきた、2019年!

新しい時代をもうすぐ迎えるワクワクに日本中が包まれている今、この北海道・さっぽろ創世スクエアでも、新しい時代を担うアイドルのタマゴたち5人がHTBの公式LINE LIVEについに初登場しました。

#北海道な目線でお送りするこの「SODANE」では、ハロー!プロジェクトでのデビューを目指し、北海道で研修に励んでいるハロプロ研修生北海道(通称:北研/きたけん)のみなさんが1月8日に出演したHTB公式LINE LIVEチャンネルの配信番組「きたけん!あけおめパーティー」の様子を、まるっとご紹介!

1.jpg2.jpg

まさに北海道で"ユメミル、チカラ"を体現している、5人の道産子たち。そんな彼女たちのキラキラ輝く姿を、今回はこの記事でしか見られないオフショットやコメントもたっぷりにお届けします。

2019年のハロプロ研修生北海道、まずは自己紹介

昨年移転したばかりのHTB新社屋で開催された「きたけん!あけおめパーティ」。
会場となった1階エントランスには、早くからたくさんのお客さま(函館や横浜からも!)が集まり、旧社屋のあった平岸高台公園をイメージしたHTB公式LINE LIVEキャラクター・コッちゃんと、賑やかにきたけんの5人の登場を待ちます。

いよいよ配信時間が近づき、会場の「きたけんのみんな~!」という声を合図に、ステージに上がったハロプロ研修生北海道の5人!

実はこの日の配信は、全員が貴重な私服姿での出演となっていました。"りんご"や"パンダさん"など、5人のファッションには好きなものやこだわりがそれぞれ色んなところに散りばめられていたことに、お気づきだったでしょうか?

そして会場のみなさまと放送内で行うタイトルコールの練習をしていると、時計の針はあっという間に予定時刻を指し、ついにLINE LIVEでの放送がスタート。まずはいつもライブでも行っている、自分たちの自己紹介から始まります!

3.jpg
佐藤光(さとうひかり)「中学2年生、14歳の歌うことが大好きな佐藤光です」

4.jpg
石栗奏美(いしぐりかなみ)「ダンス大好き、ショートカットの14歳!石栗奏美です」

5.jpg
河野みのり(かわのみのり)「中学2年生、14歳の"がんばりんご、みのりんご!"こと河野みのりです」

6.jpg
工藤由愛(くどうゆめ)「タコを全力で愛する、中学2年生、14歳の工藤由愛です」

7.jpg
山﨑愛生(やまざきめい)「パンダさん大好き!中学1年生、13歳の山﨑愛生です」

昨年札幌で行われたハロプロ研修生北海道の定期公演を初めて観にいき、中学生と思えないくらいレベルの高い歌やそのパフォーマンスに、とても衝撃を受けたというMCのコッちゃん。

8.jpgそして同時に、みんなが夢に向かって頑張り続けている姿にも心から感動したコッちゃんは、"北海道のユメミル、チカラを応援します"というHTBのメッセージそのまま「ぜひみんなを応援したかったんだ!」とカメラの前で力強く開会宣言し、ここからついに、楽しいパーティーは幕を開けました。

個性豊かなきたけんの「今年の目標」

全員が北海道の中学生ということもあり、パーティー当日はまだまだ冬休み中の、きたけんのみなさん。お正月やお年玉の思い出話もつきない中、せっかくなので今年の目標を書いてみよう!ということになり、5人には色紙と筆ペンが渡されました。

真剣に、だけど時には笑顔で、思い思いの言葉を書いていく5人。そして書きあがった後は年齢順に、その内容を発表します。

9.jpg佐藤光「私の今年の目標は、レベルUP!!です。パフォーマンスもそうなんですけど、ハロプロ研修生北海道の最年長にもなるので、人間的にもレベルアップしていきたいなって思います」

石栗奏美「私の今年の目標は、一目惚れしてもらう、です!これは私自身が憧れの先輩に対してそうだったように、初めて私のことを見たっていう方にも一目惚れしてもらえるように、そしていま私のことを知ってくださっている方にはもっともっと好きになってもらえるように、頑張りたいです」

河野みのり「私の今年の目標は、"パワーアップル"です。去年よりも歌もダンスも"パワーアップル"して、それ以外にも林檎のような難しい漢字を書けるようになりたいなって思っています」

工藤由愛「私の今年の目標は、感謝・自信・タコです!いつでも感謝を忘れずに、自信を持って、なめらかに美しい"タコタコしさ"をいつでも忘れずに頑張るという意味です!」

山﨑愛生「私の今年の目標はBest Smile&Lucky Powerです!みなさんにBest Smile&Lucky Powerをたくさん届けられるように、研修生活動も、勉強も頑張りたいです」

文字そのものからも、そして発表コメントからもその個性豊かなキャラクターがどんどん溢れている彼女たち。会場はもちろんのこと、LINE LIVEのコメントでも視聴者から「未来のハロプロの卵!」などたくさんの声援が送られていました。

「お年玉争奪!虫食いお正月ソングクイズ!」

つづいての企画はその名も、「お年玉争奪!虫食いお正月ソングクイズ!」。あけおめパーティーのタイトルにもちなみ、優勝者ひとりに贈られる"お年玉プレゼント"をかけて、きたけんの5人がお正月ソングをお題にしたクイズに挑戦していきます。

第一問目は......超有名な『お正月』の虫食い歌詞当てクイズ!

こちらは出題前から、きたけんのみなさんも思わず歌いだしてしまうほどのスタンダードナンバー。ときどき珍回答もありつつ、メンバーからは次々と手が上がり、そして見事に正解を当てていきます。

10.jpgそして工藤さんが3ポイント、石栗さんが1ポイントを獲得したところで、次の楽曲へ。最近ハロプロにもう一度目覚めたというコッちゃんが出してきた第二問目は......『雑煮でケンカしてんじゃねーよ』の虫食い歌詞当てクイズ!

『雑煮でケンカしてんじゃねーよ』は2017年に発表されたハロー!プロジェクトの楽曲で、Juice=Juiceの宮崎由加さん、モーニング娘。'19の牧野真莉愛さん、アンジュルムの川村文乃さんがボーカルを務めているお正月ソング。

この曲は昨年末に発売されたばかりのハロプロのコンピレーション・アルバム「プッチベスト19」にも収録されているのですが、実はシンプルなタイトルに比べて歌詞はメロディにラップにセリフにと、覚える難易度が高すぎる楽曲!

そのマニアックさをよーく知っている会場やLINE LIVEのハロプロファンの方からは「雑煮!」「まさかの雑煮www」との歓声とともに「歌詞難しそう」「これは難問」との心配の声が上がるなか......やはりあまりの歌詞当て難易度の高さに、苦戦を強いられるきたけんのみなさん。

11.jpg12.jpg

しかしその難しさゆえに、会場、LINE LIVEの視聴者はいつしか一体となり、全力応援体制で奮闘する5人を必死にサポート!

MCコッちゃんプロデュースの"歴史に残るであろう"盛り上がりとなった虫食いクイズの結果、最終的には工藤さんと石栗さんが5ポイントずつで並び、最後はハロプロ研修生北海道が独自に編み出したという「北海道じゃんけん」で決めることに。そしてみんなが見守る中、優勝を勝ち取ったのは......タコ大好き工藤さん!

見事優勝者となった工藤さんにはお年玉プレゼントとして、HTBキャラクターのonちゃんグッズ(おすわりonちゃんぬいぐるみ&北海道onちゃんクッキー)が贈られました。

13.jpg

あっという間の一時間、そしてもし放送を見返したいという方は......

書き初めにクイズにと盛り沢山だった1時間のパーティーもそろそろ終わり。最後にはもう一度きたけんの5人が、見てくれているすべての人に向けて感謝のメッセージを伝えます。

山﨑愛生「今日はとっても楽しかったです!ゲームもたくさん頑張りました。コッちゃんともたくさん仲良くなれて、愛生うれしいです!またコッちゃんと一緒にパーティーができるように頑張ります!」

工藤由愛「コッちゃんとここにいるみなさんと、LINE LIVEでご覧のみなさんと一緒にこうして過ごすことができて楽しかったです!ありがとうございました!」

河野みのり「あけおめパーティーということで、"テンションアップル"で"がんばりんご"できました!ありがとうございました!」

石栗奏美「まずここにいるみなさん、そしてLINE LIVEをご覧のみなさん、楽しかったですかー?(会場やコメントから「イェーイ!」の返答)私もクイズとか色々なことができて、とっても楽しかったです。あとコッちゃんとも仲良くなれたかなと思います、今日は本当にありがとうございました!」

佐藤光「LINE LIVEへの出演は初めてだったんですけど、こんなに楽しくできたのがすごく嬉しいです。クイズのお年玉はもらえなかったんですけど、また頑張りたいと思います!今日はありがとうございました!」

最終的にLINE LIVEでは放送1時間で1800人以上の視聴数を記録し、大成功のうちに幕を閉じた、今回の「きたけん!あけおめパーティー」。

もし放送を見逃してしまったという方、そしてこの記事以外の内容やきたけんのみなさんの表情をもっと知りたい!という方は......なんと今回の配信、HTB公式LINE LIVEチャンネル にて期間限定で視聴することが可能なんです!

明るく、元気に、伸び伸びと、北海道から夢を追いかけて日々頑張っているハロプロ研修生北海道のみなさん。

北海道にお住まいの方も、他の県にお住まいの方も、この2019年は彼女たちにぜひご注目ください!

最後に、SODANEだから聞けた「きたけん!私の推しポイント」

配信の最後にも発表があった通り、来月23日に札幌文化芸術劇場・hitaruで行われるハロープロジェクトの合同コンサート「Hello! Project 20th Anniversary!! Hello! Project 2019 WINTER 」に、この度オープニングアクトとして出演が決まったハロプロ研修生北海道のみなさん。

そこでSODANEでは最後に、まもなくやってくる地元北海道の大きなステージに向けて、「ぜひ私のここに注目してほしい!」という推しポイントを、きたけんの5人全員にお聞きしました。

14.jpg

佐藤光「わたし佐藤は、ダンスでは大きく!というのと、歌では表現力をつけて、パフォーマンスしていきます。そして北海道公演では初めてハロプロ研修生北海道の最年長としてステージに立つんですけど、堅苦しくなりすぎずに、自分らしさを出しながら出来たらいいなと思っています」

石栗奏美「私はハロプロ研修生北海道の中で唯一のショートカットで、しかも背も一番高いので、その2つを活かした"かっこよくて可愛いパフォーマンス"と"全力でダイナミックなパフォーマンス"をできるように頑張ります!」

河野みのり「幸せ全開のりんごパワーと、"とびきりんご"の大きなダンス、"にっこりんご"の笑顔の歌で、ステージで"がんばりんご"しているところを、ぜひファンのみなさんに見てもらいたいなと思っています」

工藤由愛「大きなタコが腕を振り上げたとき、その長さは約10mあるんですけど、私もそれくらい、大きくパフォーマンスすることが目標です。それと歌では、みなさんにしっかり届けることを目標に、頑張りたいと思います!」

山﨑愛生「私はハロプロ研修生北海道の中でいちばん年下なので、誰よりもパワフルなパフォーマンスと、あとはパンダさんみたいに誰からも愛される"Lovely Smile"をたくさん出して、愛生ワールドMAXで頑張ります!」

この記事を書いたのは

乗田綾子

北海道在住のライター。著書『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)の他、『月刊エンタメ』『週女PRIME』等でも執筆中。HTBで一番好きな番組は夜のお楽しみ寝落ちちゃん。Twitter/ @drifter_2181