目指すのは、朝の風!土曜新MC福田太郎アナウンサー

テレビ

SODANE編集部

2019/04/17

この春から新しいメンバーも加わりリニューアルした「イチモニ!」。
土曜日のMCは入社6年目の福田太郎アナウンサーと入社3年目の福永裕梨アナウンサーの「福福コンビ」が務めます。
福田アナウンサーに、意気込みを聞きました。

fukuda.jpgfukuda2.JPG

Q.「イチモニ!」土曜のMCを担当すると聞いた時の気持ちは?

福田
嬉しい!ありがたい!と思いました。「イチモニ!」は自分にとって、観ていても、代打で出演していても楽しい場所でした。出演者やスタッフの皆さんが温かくて、足し算ではなく掛け算で可能性が広がっていく場だと感じていました。イチモニ!の魅力は"出演者の一体感"。その一員になれることが、嬉しいです。

Q.4月6日に初回の放送を終えましたが、いかがでしたか?

福田
あっという間に過ぎ去っていった1時間半で、とても楽しかったです。MCとして番組を進めることを第一に考えていたんですけど、まるで放送を観ている側のような、楽しい雰囲気に包まれていました。そう感じられたのは、出演者の皆さんとスタッフの皆さんが、本当にあったかくサポートして下さったおかげです。「福福コンビ」の相方、MC福永アナの助けも随所に光り「すごく頼りになる!」と感じました。
出演の前日、本当は早く寝るべきなのに、ワクワクしてようやく寝付けたのが深夜でした。新人の頃の、初心にかえったような気持ちでした。
今は、周りの人に助けて頂いてばかりですが、ゆくゆくは私自身が、視聴者のみなさん、出演者・スタッフの皆さんの力になれるように、もっともっと頑張っていきたいです。

fukuda3.jpegfukuda4.jpeg
初めての「食のチカラ」ロケで、興部町沙留の毛ガニ漁のロケに訪れました

Q.2019年度のイチモニ!のテーマは「朝イチ番、いただきます!」。道内の朝食を食べている小学生の割合は全国的に低いということを受けて、朝ごはんの大切さを伝えるキャンペーン企画を始動予定ですよね。福田さんが好きな朝ごはんや、朝ごはん企画への思いは?

福田
朝ごはんがすごく好きなんです。子供の頃から、抜くことはほぼありませんでした。
圧倒的に好きなのは、自分でも作れるホテル風の朝ごはん。スクランブルエッグをメインに、ハムやパンを焼きます。ふわふわに出来たときは、より元気が出るんですよね。番組の中でも、思わず試したくなるような「翌日や翌週に作れる簡単朝ごはん」を紹介できたらと思っています。食べることの大切さも伝えたいですね。

Q.慣れない生活で慌ただしい日々かと思いますが、そんな中でのマイブームはありますか?

福田
豆苗を育てることと、飼っているクリオネを見ることにはまっています。
豆苗はスーパーで買ったものをカットして食べた後に、自宅の日当たりの良い窓際の特設スペースでもう一度育てています。こまめに水を変えながら「すくすく大きくなれよ〜」と思っていたら、わっさわさになりました(笑)
クリオネは、イチモニ!「食のチカラ」の初めてのロケで、興部町沙留の毛ガニ漁に行ったときに漁師さんから「育ててみて」と頂きました。自宅の冷蔵庫の中で、すいすい泳いでいます。
小腹すいたなと冷蔵庫を開けると、クリオネが目に入って鑑賞し満足してしまい、冷蔵庫のドアを閉めています。クリオネのお陰で、食べ過ぎずにすんでいます。(笑)

fukuda5.jpeg

fukuda6.jpg

Q.福田アナは今年で入社6年目。これまでの経験をどう活かしたいですか?

福田
5年間のうち3年半は報道部に在籍しました。フィールドキャスターとして全道各地を駆け巡る日々でした。事件事故災害が起きればいち早く現場へ赴き、生中継で、全道・全国にニュースを届けました。自ら現地の声を聞き、その場で起こっていることを自分の言葉で伝えた経験は、アナウンサーとしての基盤になり、これからの糧になっています。今はアナウンサーを志したきっかけでもあるプロ野球の中継がメインで、スポーツ部で充実した日々を過ごしています。イチモニ!はもちろんですが、中継やFFFFFなどでも、HTBならではの情報を沢山伝えて、道民の皆さん、ファイターズと共に歩んでいきたいです。

Q.これからイチモニ!土曜MCとして、目指すことは?

福田
イチモニ!の新しい風になれたらと思っています。時に、清々しい前向きな気持ちになれる「そよ風」に。時に、観てくださっている皆さんの背中を押す「追い風」になりたいです。初代MCの依田英将アナは、とにかく色んなことに造詣が深い先輩。ニュースも食の現場も、色んなことを知っていて、直接「声」を聴いているからこそ、自分の言葉で伝えられる。2代目MCの菊地友弘アナは、とにかく丁寧な準備をする方。事前にイメージ出来るあらゆるパターンの想定をしてOAに臨んでいる姿を見て、番組への真摯な向き合いを学びました。2人が積み重ねてきたものを大切にしながら、「福福コンビ」で新しい風を吹かせて、「北海道の皆さんと一緒に歩いて、前に進んでいく番組」を作っていきたいです。

fukuda7.JPG
イチモ二!土曜の初代MC依田アナと2代目MC菊地アナは「イチオシ!!」担当です。 「イチモニ!」「イチオシ!!」みんなで力をあわせて、全力で頑張ります

この記事を書いたのは

SODANE編集部

SODANE編集部です。