番組向上への取組

TOP > 番組向上への取組 - あなたとHTB

あなたとHTB

このページは平成23年8月21日放送分から引用しています。

タイトル

オープニング

画像
北前船、小樽港で一般公開

大野恵アナ

江戸時代、日本海で活躍した北前船(きたまえぶね)の復元船「みちのく丸」が先月小樽に寄港し、7月22日、一般公開が行われました。「みちのく丸」は全長およそ32メートル、高さ28メートル。江戸時代に日本海側の物資の流通や文化を支えていた北前船を復元した船です。青森港から先月20日、小樽港に到着し24日まで展示された後、日本海を南下、今月下旬青森港に戻る予定です。

遠藤雅也アナ

おはようございます。「あなたとHTB」の時間です。
「あなたとHTB」は、視聴者の皆様とともに
よりよい放送を目指すための番組です。

大野アナ

番組の最後には視聴者の皆様へのプレゼントもありますので、
どうぞ最後までご覧ください。

画像
大野・遠藤両アナ

遠藤アナ

最初に、6月の「HTB放送番組審議会」での審議委員の主な意見を紹介いたします。
6月の審議会では「大震災から3か月、長期的な視野にたちテレビ局が復興に向けてできること」の審議と「北海道テレビ放送の『放送番組の種別の基準』について諮問し、その答申を受けました。

それでは、委員の主な意見です。

画像
番組審議会の会議風景

大野アナ

◇被害の実態、被災者の補償制度のあり方、行政が正しく機能しているかどうか、防災のあり方、エネルギー政策など様々な問題の検証をすることだと思う。

◇onちゃん募金、今、私たちにできることプロジェクト、風評被害払拭のための、海外友好局への来道取材の働きかけなど、HTBの取り組みには目を見はるものがある。

◇視聴者が、自ら思考を深める土台となる正しい情報の発信。決めつけではなく、方向性や可能性の適切な示唆が大切だ。

◇3か月が経過し、被災地を取り巻く経済的な厳しい状況と問題点が浮き彫りになってきた。義援金と生活保護の打ち切り、相続問題、被災地に暗躍する闇金業者等、折に触れて伝え続けて欲しい。

◇東北と北海道、かかわりの深い地域同士が連携した新たな試み、北海道への技術移転の必要性などに、ぜひスポットを当て、伝えて欲しい。

◇被災者の置かれた状況、生々しい被災地の実態を繰り返し伝え、大震災を風化させない努力を望む。

◇北海道南西沖地震の被害状況と復興、得られた教訓は、今回の被災市町村で大いに参考になるだろう。新たにドキュメンタリーを制作する際、奥尻島の地震検証の視点を入れてはどうか。
といったご意見でした。

遠藤アナ

次に、HTBの「放送番組の種別の基準」について、諮問を行いました。
放送法が改正され「放送番組の種別の公表制度」が導入されたことによるものです。

画像

大野アナ

放送番組は「報道」、「教育」、「教養」、「娯楽」、「通信販売」、「その他」の種別に区分することとなり、その「種別の基準」を諮問した結果、「原案通り適切である」との答申を受けました。

今後、種別ごとの放送時間を放送番組審議会に報告し、公表することになりました。

遠藤アナ

7月の放送番組審議会では「イチオシ!モーニング」について審議して頂きました。
それでは、審議委員の主な意見です。

画像
イチオシ!モーニング

大野アナ

◇天気情報が細やかで分かりやすく楽しい。清水さん・木村さんコンビの息がぴったりと合っている。お絵かき天気は、服装のアドバイスや洗濯のタイミングなどユニークで独自性にあふれている。

◇天気情報を見るために「イチオシ!モーニング」を見ようと視聴者に思わせる。木村さんの元気をもらって朝から明るい気分になる。ソラをライブは、デジタルならではの双方向企画で有意義だ。

◇朝の生活情報として天気が面白いファクターだと、あらためて気づかされた。全体的に明るさ、笑顔、ふわっとした雰囲気にあふれている。

◇谷口アナウンサーの進行はテンポよく、石沢アナウンサーの性格の良さが伝わってくる。たとえて言えば、朝のフルーツのようにみずみずしく、出演陣の好感度は高い。

◇北海道の情報が盛りだくさんだ。夕方の「イチオシ!」との連動で北海道民の知りたい情報をすべてカバーしていくという姿勢を高く評価する。

◇ローカルを徹底的に極めるとグローバルに、ということを具現化している。健全さ、ゆるさ、素朴さが光る。特にビッセ前から伝えるお天気は、開放感が豊かで風を感じる。

◇「いきもの係」は、ほっとでき、動物たちのかわいいしぐさに癒される企画だ。番組のエンディングに向かう構成が効果的だと思う。

◇各コメンテーターの専門性をもっと生かしてはどうかと思う。ニュースをボリュームアップし、深みを増した情報発信を望みたい。

◇朝の忙しい時間帯は、ラジオ的な、耳から入る情報を意識して番組作りをすべきだ。また、司会の会話がスタジオ内で閉じている。視聴者に語りかける会話を心がけて欲しい。

といったご意見でした。
今後の番組制作の参考にさせていただきます。

遠藤アナ

さて、東日本大震災で被災した岩手県、宮城県、福島県を除く全国で、7月24日、テレビのアナログ放送が終了しました。

画像

HTBは、昭和43年11月3日、道内3番目の民放テレビ局として開局しました。UHF第1次免許局としての開局でした。大電力のUHFの送信機は日本初めての運用で、機械は巨大なものでしたと、当時の技術スタッフは語っていました。

画像

時代が、昭和から平成に移り変わる43年間、北海道でも様々な出来事がありました。HTBはニュースや情報番組でその出来事をお茶の間に伝え続けてきました。

大きな航空機事故もありました。

画像

開局3年目の昭和46年7月、札幌から函館に向かっていた「ばんだい号」が墜落した大事故で、現地の取材からテレビニュースとして放送するまでの作業は、報道部を中心にカメラマンや技術スタッフを含め、全社員総出の取り組みでした。

大野アナ

明るい出来事としては昭和47年の「札幌オリンピック」がありました。

画像
札幌オリンピック、聖火ランナー

期間中は1日2時間半のオリンピック放送を実施しました。70メートル級純ジャンプでは金、銀、銅のメダルを日本が独占する活躍でした。

画像
札幌地下鉄開通セレモニー

札幌の地下鉄開通は、オリンピック開催の前年、昭和46年でした。
今では、南北線、東西線、東豊線の3系統が運行されていますが、最初は真駒内・北24条間の運行でした。

画像
雪まつり・桜島と西郷さん

昭和52年。さっぽろ雪まつりでは、HTBは大通西8丁目に大雪像「桜島と西郷さん」を制作、道内外の観光客の皆様に夢と感動を与えました。この年以降、さっぽろ大通西8丁目は「雪のHTB広場」として毎年、大雪像を制作しています。

画像
青函トンネルの開業

遠藤アナ

昭和63年には、青函トンネルが開業、十勝岳の噴火など北海道での大きな出来事があり、北海道発のニュースが全国へ発信されました。

画像
北海道南西沖地震

平成になってからは、平成5年の北海道南西沖地震と津波の被害が記憶に新しいところです。

遠藤アナ

そして、今年3月の東日本大震災関連の取材、報道も続けています。

画像
アナログ放送終了

遠藤アナ

こうして、いろいろなシーンをお送りし続けてきたアナログ放送が、今年7月24日に終了しました。

これまで長い間、アナログ放送をご覧いただきありがとうございまし た。

大野アナ

いま、テレビは、デジタル化によってハイビジョンによる高画質、高音質な番組をお送りしています。
  今後も高機能のデジタル放送をお楽しみください。

なお、ご近所のお年寄りの方や、離れてお住まいのご家族の方でまだ、デジタル対応がお済みでない方がいらっしゃるようでしたらぜひ、お声がけをお願いします。

画像
お問い合わせ

大野アナ

地上デジタル放送に関するお問い合わせは「総務省地デジコールセンター・0570-07-0101番」をご案内ください。

遠藤アナ

さて、「東日本大震災」による風評被害が北海道の観光産業に大きな影響を及ぼしていますが、HTBは友好協力関係にある海外メディアなどと連携し、「北海道から日本の元気」を海外にアピールするため、情報発信を続けてきました。

画像

遠藤アナ

また、海外メディアのスタッフを行政や道内他企業、航空会社などと連携して北海道に招致する提案も積極的に行ってきました。
北海道の魅力や安全性を海外メディアの目線で取材し、伝えてもらう意図です。
ご覧のように、5月中旬には、台湾のメディアが函館に入って早速取材活動を始めました。

大野アナ

台湾メディアの放送対応や観光客の来道に対し、HTBはこのたび北海道運輸局の事業の一環で「北海道から台湾ありがとうキャンペーン」のCMを制作し、台湾で放送しました。

画像
台湾ありがとうキャンペーン

「台湾の皆さんの愛を、私たちはしっかりと受け止めています。ありがとう!」といった意味のCMです。
HTBは、これからも風評被害払拭のために情報発信を続けて参ります。

次に、イベントのお知らせです。

画像
サイトウ・キネン

画像
童謡歌唱コンクール

画像
ブルース・イン・ザ・ナイト

遠藤アナ

「ブルース・イン・ザ・ナイト」は、10月13日木曜日、昼公演が午後1時開演、夜公演は午後6時開演です。
1930年代、シカゴの安ホテルに泊まり合わせた3人の女と1人の男。それぞれの人生をブルース、ジャズの名曲にのせてドラマチックに歌いつづるエンターテインメント・ミュージカルです。
S席7000円、A席6000円です。ローソンチケット、チケットぴあ
ほか各プレイガイドでお求めください。

大野アナ

ここで、プレゼントのお知らせです。
きょうはonちゃんとぐちの「ミニトートバッグ」を
3名の方にプレゼントします。

お申し込みのあて先はごらんのところです。どうぞおはがきで
お申し込みください。締め切りは、24日水曜日の消印有効です。

画像
onちゃんとぐちの「ミニトートバッグ」

あて先 〒062-8501
HTB「あなたとHTB」プレゼント係
本日の放送日とご住所、お名前、電話番号と
「あなたとHTB」へのご感想を書いてください
当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

遠藤アナ

では今日はこの辺で失礼します。



TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.