HTB開局50周年 イチオシ!スペシャル へえ!ほお~!150年 あなたと選ぶ重大ニュース 第2弾 ~平岸から創成へお引越しスペシャル~

NEWS

地価調査で倶知安町が4年連で続上昇率1位に

2019/09/19(木) 18:15 掲載

 土地取引・売り買いの指標となる地価調査が発表されました。今年も上昇率全国1位となったのは、インバウンド景気に沸くあの町でした。
 住宅地で最も地価が上がったのは、倶知安町樺山で、66・7%の上昇です。上昇率としてはこれで4年連続の全国一位です。この地域の調査が始まった2015年から、この5年間でおよそ4倍に値上がりしています。地元の不動産関係者は「独特のスキーリゾートエリアに伴った観光客の流入が一番かなと思います。高速道路であったり、新幹線の札幌延伸の途中ですが、決定も大きな要因かなと思います」と背景を語ります。上昇率の全国2位と3位も倶知安町の中心部でした。町内のリゾートで働く従業員や、北海道新幹線の建設作業員向けの宿舎などアパート用地の需要が高まっています。最近では、1LDKで月8万円台の物件もあるとのことです。倶知安町では来月、G20観光大臣会合が開かれるほか、2030年度の北海道新幹線札幌延伸に合わせ町内に駅が出来る予定で、今後も上昇が見込まれています。
 一方、道内全体では、住宅地は0・5%の下落、商業地は1・2%上昇しました。札幌の中心部は新幹線の駅が出来る札幌駅東側などで、再開発が予定されており、一層需要が高まりそうです。

LINEで送る

その他の道内ニュース

一覧の続きを表示
イチオシ!動画ポスト

HTBニュースでは、あなたが撮影した事件、事故、自然現象などニュース映像をお待ちしています。あなたが現場にいて偶然撮影した動画や画像をぜひPCやスマートフォンから投稿してください。
※投稿された映像は必ず番組で採用されるものではありません。あらかじめご了承ください。

その他の応募方法はこちら

公式SNS

  • youtube
  • facebook
  • twitter
  • 日ロ論客が徹底討論「無条件でまず平和条約締結を‥」プーチン提案を日本政府拒否 領土交渉の行方を探る

HTBニュースをシェアする

LINEで送る
ニュース投稿