幻の魚イトウや、知床のヒグマ、それにサハリンのオオワシなどを
撮り続けているビデオジャーナリスト、阿部幹雄さんのシリーズです。
写真家としての視点で大自然とそれにかかわる人々を見つめていきます。

newEntry

知床漁師物語

内野友司郎さん(23)は熊本県出身。
18歳のとき、知床に来た。
夢だった漁師になるためだ。

何も分からず叱られ、何かやっては失敗し
また怒られていた日々だった。
去年12月、長男が誕生。
父親になった今も...
やはり友司郎さんは叱られていた。
知床漁師の成長物語。

2018.6.12 イチオシ!で放送

img

那須雪崩事故から1年

山岳部の高校生ら8人が死亡した
栃木県那須岳の雪崩事故から1年。
県の検証委員会は「自然発生と
人為発生という両方の可能性を
否定できない」と原因を結論づけた。

真実が明らかにされていないと
強い不満を抱く遺族たち。
生き残った当時の山岳部員らが
雪崩の瞬間を証言した。

2018.4.24 イチオシ!で放送

img

〝雪に恋した〟82歳の研究者

秋田谷英次さん、82歳。
かつて北大低温科学研究所の所長を務め
雪崩事故の防止などに尽くしてきた。
実は「昔は雪が嫌いだった」が
今は「雪のおかげで幸せ」だという。
著名な、雪の研究者が退官後に送る
素敵な老後の日々を追った。

2018.2.27 イチオシ!で放送

img

急増する山岳遭難

北海道防災航空隊の出動の9割は山岳遭難だ。
道内の山で「事故」が増えているのだ。

しかし中には、サンダル履きで登山し
救助を要請するなど無謀な行動も。
隊員のカメラがとらえた記録から遭難の今を問う。

2017.10.26 イチオシ!で放送

img

子グマ3兄弟 最大の危機

知床ルシャの子グマ3兄弟。
狂暴なオスグマ、川渡り、台風と
試練が次々と襲いかかる。
ある日、3兄弟が行方不明に・・・。
母グマはうろたえ、必死に捜した。
3兄弟の運命は?

2017.10.12 イチオシ!で放送

img

知床 ヒグマに近づく人たち

8月、知床。数メートルの距離でヒグマを
撮影する人たちがいた。外国のメディアだ。
許可を得ず、鳥獣保護区のルシャにも立ち入っていた。

「追い払いによる安全策は、限界に達した」
知床財団の対策班は、ヒグマの追い払いを続けているが
人のほうがどんどんクマとの「距離」をつめている。

2017.9.12 イチオシ!で放送

img

〝子グマ3きょうだい〟はオスだった!

6月、知床ルシャで出会った子グマ3きょうだいの
性別が、遺伝子解析で明らかになった。
3頭みんな、オスだった。

ルシャでは、クマがクマを追いかける姿を
何度も目撃した。クマは、なぜクマを追うのか?
そこには生き残るための理由があった。

2017.8.23 イチオシ!で放送

DOKO Ga TV