番組向上への取組

TOP > 番組向上への取組 - あなたとHTB

あなたとHTB

このページは平成24年2月19日放送分から引用しています。

タイトル

オープニング

画像
音更町・馬の雪中運動

大野恵アナ

厳しい冷え込みが続く中、音更町の家畜改良センター十勝牧場では、冬場の運動不足とストレス解消のために妊娠している馬や育成馬の雪中運動を行っています。
運動している馬はおよそ110頭で、中には体重が1トンを超える馬もいるということです。この牧場では1周800メートルのコースを3周ほど走る雪中運動を雪解けのころまで行い、平日には一般公開もされています。

遠藤雅也アナ

おはようございます。「あなたとHTB」の時間です。
「あなたとHTB」は、視聴者の皆様とともによりよい放送を目指すための番組です。

大野アナ

番組の最後には視聴者の皆様へのプレゼントもありますので、どうぞ最後までご覧ください。

画像
大野・遠藤両アナ

遠藤アナ

最初に、12月の番組モニター報告書から「チィ先生のちいさな音楽隊~カンボジアのこどもたちに歌と笑顔を~」に寄せられたご意見、ご感想を紹介いたします。

この番組は去年12月25日、日曜日に放送したものです。
それでは、番組モニターの皆様の主な意見です。

画像
チィ先生のちいさな音楽隊~カンボジアのこどもたちに歌と笑顔を~

大野アナ

◇楽器を演奏したり、歌を歌ったり、音楽に触れている時のカンボジアの子供たちの表情が印象的だった。「楽器」というツールで学校全体を笑顔にしてしまうチィ先生の行動力に圧倒された。

◇若い女性が、異国で芯のある仕事をしていることに感銘を受けた。中学生から大学生くらいの年代の人、フリーターの人などにはぜひ見て欲しい内容だった。

◇カンボジアは、日本とは違い楽器すら手にしたことがない子供たちが大勢いるということ、豊かすぎる日本とはかけ離れていることを痛感した。

◇私と同年代で、海外でこんな活動をしている人がいたことを知らなかった。言葉が違っても、住んでいる地域が違っても音楽を通して伝わってくるものがあると感じた。

◇タンバリン一つで、こんなに感動するものなのだと心打たれた。そこで頑張っている先生だからこそ言える「支援の形」について深く考えさせられた。

◇音楽の素晴らしさが伝わり、よかったと思う。多くの子供たちに見て欲しい番組で、冬休みの期間中に放送されたこともよかった。

◇チィ先生の良さや優しさ、ひたむきさ、一生懸命さが表れている番組だった。カンボジアの子供たちが将来を悲観的に考えず、夢を持って人生を送ることができればいいと思った。

◇子どもたちの教育を通して自立心を芽生えさせようとするチィ先生。孤軍奮闘する中で徐々に周囲の先生の意識も変わり、日本でも支援の輪が広がっていくことに目が開かれる思いだった。

◇たった一人で生活や文化、習慣の異なる海外で、様々に立ちはだかる壁にもめげずよくやっている様子が伝わってきた。今後、支援の輪が広がることを期待したい。

◇世の中には、こんなに行動的で自分の理想、信念を実現させようと頑張っている女性がいることに驚いた。今後も、多方面で活躍する道産子女性をもっと紹介してほしい。

といったご意見、ご感想でした。

遠藤アナ

次は、同じく12月の番組モニター報告書から「おじさん 鳥になる~北海道の空 散歩しちゃいました~」に関するご意見、ご感想を紹介いたします。 この番組は、去年12月29日木曜日に放送したものです。
それでは番組モニターの皆様の主なご意見です。

画像
おじさん 鳥になる~北海道の空 散歩しちゃいました~

大野アナ

◇夢を実現させた須藤さんの子供たちへのお話は、非常に説得力があり、自分ももう一度、夢について考えてみようと思った。須藤さんには、これからも様々な所を飛んで撮影していってほしい。

◇須藤さんの母校、赤平での授業は生きた授業だ。何度も挑戦した雪の中での飛行に、子供たちの目がキラキラしていたことも印象的だった。

◇パラグライダーが飛んでいるのは見たことがあるが、今回の番組を見て、飛ぶためには風の強さ、向きなどいろいろな条件が整わなくてはならないことも分かり、世界が一つ広がった。

◇山や川が広がる赤平の自然と、高いビルが広がる札幌の景色が対照的で面白かったが、何度も赤平と札幌とに切り替わるのではなく、もっと子供たちとの関わり合いを中心にじっくり見たかった。

◇低空で撮影している札幌の街の映像は初めて見たのでとてもよかった。須藤さんが札幌上空を、楽しんで飛んでいる感じも伝わってきて爽やかな気持ちになった。

◇番組のハイライトは札幌中心部の超低空飛行だ。ビルの窓から地上を見下ろすことはあっても、窓の外から地上を見下ろすことは鳥にしか体験できない感覚で、よく知っている札幌も別の街に思えたほどだった。

◇子供たちと須藤さんが無線で会話をしながら、須藤さんの撮る映像と、下界の子供たちの映像が交互に映し出され、かなりドキドキ・ワクワクして見入った。

◇おじさんが空を飛ぶ夢をかなえたよ、皆も夢はかなうよ、という企画内容だと感じた。須藤さんにどんな苦労や道のりがあったのかが盛り込まれると厚みが出て、子供たちに響くかなと感じた。

◇東日本大震災のあとの映像がもう少しあったら、東北は今こんな感じですが、夢をあきらめずに頑張ろうといった、メッセージ性が強くなったと思う。

◇日本には四季があり、その季節の移ろいをぜひ、このパラグライダーの映像で見たいものである。札幌の四季など考えただけでもワクワクする。

といったご意見、ご感想でした。

遠藤アナ

次に、1月の「HTB放送番組審議会」での審議委員の主な意見を紹介いたします。
1月の審議会では「TOYAから明日へ!風のシナリオ~北海道は風力発電王国になれるか~」について審議して頂きました。この番組は1月7日土曜日に放送したものです。 それでは、委員の主な意見です。

画像
TOYAから明日へ!風の王国~北海道は風力発電王国になれるか~

大野アナ

◇風力発電に情熱をもって取り組む人々の奮闘を軸に、風力発電に関わる様々なトピックが過不足なく描かれていた。

◇東日本大震災後の環境とエネルギー問題、待ったなしの今日的な課題に真っ向から取り組む取材姿勢は尊敬に値する。

◇スペインの再生可能エネルギーセンターの取材は大変興味深い。特に気象予測の高度化により火力発電の調整能力を高めている点など、先進的な取り組みの実態が理解できた。

◇北海道における風力発電の可能性について、信頼に足る情報量から適切な検証がなされていたと思う。自然に恵まれた北海道を大事にしたい気持ちが湧いてきた。

◇原子力発電、地下資源などに頼ったエネルギー政策から脱却し、太陽光発電よりコストの低い風力発電へのシフトを政府レベルで考える必要があると感じるとともに、深く考えさせられた。

◇アップ・トゥ・デートなテーマだった。良質な教育報道番組の色彩、北海道、日本、世界の風力発電についての多角的情報から多くを学びとることができた。

◇再生可能エネルギーの買い取り制度について、上限の合理性、上限を設ける理由、送電網の問題などをもっと知りたいと思った。

◇風力発電の利点と問題点の比較、関係する人々や情報を精力的に盛り込んだ作りだが、いささか総花的だった。今後の具体的な方策や方向性を見たかった。

◇再生エネルギーの拡大には、送電設備の増強費用や、調整力となる火力発電の建設コストなど、だれがどのように負担するのかが避けて通れない課題だ。環境スペシャルとしての続編を期待したい。

といったご意見でした。
今後の番組制作の参考にさせていただきます。

遠藤アナ

さて、第63回「さっぽろ雪まつり」が先週、閉幕しましたが、大通西8丁目の「雪のHTB広場」には福島の名城、「会津 鶴ヶ城」 が出現して評判を呼びました。

画像
雪まつり・会津 鶴ヶ城

遠藤アナ

純白の雪で作られた「会津 鶴ヶ城」は東日本大震災からの復興や被災地応援の気持ちを込めて、HTBと陸上自衛隊第11旅団第18普通科連隊及び第11戦車大隊、第11施設中隊、第11通信中隊が制作したものです。
この第18普通科連隊は、去年3月から7月まで岩手県宮古市において被災地での給食支援等を実施していたということです。

大野アナ

福島県のシンボルとして全国に誇る名城が、札幌市民をはじめ、世界各地から訪れた多くの観光客に夢と感動を与えたのですが、実は、この大雪像の制作には福島県会津若松市の子供たちも一部参加しました。

大野アナ

雪像制作のお手伝いをしたのは「会津白虎剣士会」に所属する小学生5人。福島出身の自衛官に教えてもらいながら、アイスブロック工法と呼ばれる独特の方法で雪の瓦屋根などを作り、10メートル以上の高さにのぼって雪像に取り付けていきました。

大野アナ

また、完成した大雪像「会津 鶴ヶ城」のステージでは、「会津白虎剣士会」による剣舞が披露されました。
小学生の一人は「この雪でできた鶴ヶ城を福島の人が見たら、絶対元気になれる」と話していたそうです。

遠藤アナ

HTBは、さっぽろ雪まつりで大雪像「会津 鶴ヶ城」を制作するにあたって、系列のKFB福島放送と共同で番組を制作しました。 番組の主人公は福島の子供たちです。

画像
時を超えたエール

遠藤アナ

「時を超えたエール~福島と北海道 200年の絆~」。
HTBとKFB福島放送で、2月25日土曜日午後3時55分から同時放送します。どうぞご期待ください。

大野アナ

さて、HTB制作、全国ネットの人気番組、旭山動物園・密着ドキュメントバラエティ第6弾「よゐこ&鈴木福君の旭山動物園日記2012」が来週の日曜日全国放送されます。

画像
旭山動物園日記2012

大野アナ

日本最北の動物園「旭山動物園」を、人気子役の鈴木福君が初めて訪問しました。3年連続でナビゲーターを務めるよゐこの二人が福君をエスコートしながら、楽しくにぎやかに旭山動物園の魅力をお伝えします。
放送は2月26日日曜日、午後2時からです。どうぞお楽しみに。

遠藤アナ

ここで、番組モニター募集のお知らせです。

「イチオシ!」か「イチオシ!モーニング」をご覧になって感想をお書きのうえ、ご応募ください。締め切りは今月29日水曜日、必着です。ご応募、お待ちしております。

画像
番組モニター募集

遠藤アナ

ここで、プレゼントのお知らせです。
きょうは、このonちゃんの「ぬいぐるみパスケース」を
3名の方にプレゼントします。

お申し込みのあて先はごらんのところです。どうぞおはがきで
お申し込みください。締め切りは、22日水曜日の消印有効です。
あて先 〒062-8501
HTB「あなたとHTB」プレゼント係
本日の放送日とご住所、お名前、電話番号と
「あなたとHTB」へのご感想を書いてください
当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

画像
onちゃん「ぬいぐるみパスケース」

あて先 〒062-8501
HTB「あなたとHTB」プレゼント係
本日の放送日とご住所、お名前、電話番号と
「あなたとHTB」へのご感想を書いてください
当選者の発表は発送をもってかえさせていただきます。

遠藤アナ

では今日はこの辺で失礼します。


TOPページへ戻る


Copyright © HTB All Rights Reserved.