おにぎりあたためますか

HTB映画試写会 「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」

  • 10月26日(木)18:00開場 18:30開映
  • 共済ホール(北海道札幌市中央区北4条西1丁目 共済ビル6F)
  • 抽選で600名を無料ご招待
  • オフィシャルサイト:
    http://www.last-recipe.jp/
  • 2017年11月3日(金・祝)全国公開

応募方法

(1)応募フォームから
(2)ハガキに郵便番号、住所、氏名、年齢、性別を明記の上
〒062-8501 HTB映画試写会 「ラストレシピ」 係まで。

応募締切

HP:10月18日(水)
ハガキ10月18日(水)必着

 

©2017 映画「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」製作委員会
©2014 田中経一/幻冬舎

監督:滝田洋二郎
企画:秋元康
原作:田中経一(幻冬舎文庫)
脚本:林民夫

出演:二宮和也 西島秀俊 綾野 剛/宮﨑あおい
西畑大吾 兼松若人 竹嶋康成 広澤 草 グレッグ・デール ボブ・ワーリー 大地康雄
竹野内豊/伊川東吾 笈田ヨシ

配給:東宝

 

ストーリー

現代と戦前。二つの時代に現れた、二人の天才料理人。
ラストレシピ それは失われた70年をつなぐ、壮大な愛のメッセージ。

2000年代初頭。一度食べた味を完全再現できる絶対味覚=“麒麟の舌"の持ち主である佐々木充(二宮和也)は、依頼人が人生最後に食べたい料理を再現して高額の報酬を得る通称・最期の料理人。幼少時に両親を亡くして以来、施設で育ち、自らの才能だけを頼りに生きてきた。ある日、世界各国のVIPが彼の料理を食べに来るという中国料理界の重鎮・楊晴明(笈田ヨシ)から、充は幻のフルコース『大日本帝国食菜全席』の復元を依頼される。楊は1930年代、満州で山形直太朗(西島秀俊)の調理助手としてメニュー作成に協力したが、消息を絶った直太朗とともにレシピ集も散逸されたという。そしてその直太朗もまた“麒麟の舌"を持つ料理人であった。元・天皇の料理番として宮内省に勤めていたが、『大日本帝国食菜全席』作成のため、満州に渡る。やがて、メニュー開発をすすめるうちに、日本と他国の料理を融合して新たなレシピを生み出すことが、民族間の相互理解の助けとなり「料理をもって和を成せる」という考えに至る。その理想に人生すべてを捧げることとなるが、太平洋戦争開戦直前にレシピ集とともに消息を絶ったのであった……。充は、関係者たちの証言を集めながら、消えたレシピの解明に挑むが、やがて70年の時をつなぐ壮大な愛の物語を知る……。

HTB映画試写会 「探偵はBARにいる3」
※ 当日は大泉洋さん、松田龍平さんによる舞台挨拶を予定しております

  • 10月27日(金)18:00開場 18:30開映
  • 札幌プラザ2・5(北海道札幌市中央区南2条西5丁目「狸小路5丁目」)
  • 抽選で350名を無料ご招待
  • オフィシャルサイト:
    http://www.tantei-bar.com/
  • 2017年12月1日(金)【映画の日】より札幌シネマフロンティアほか全道でロードショー

応募方法

(1)応募フォームから
(2)ハガキに郵便番号、住所、氏名、年齢、性別を明記の上
〒062-8501 HTB映画試写会 「探偵はBARにいる3」係まで。

応募締切

HP:10月18日(水)
ハガキ10月18日(水)必着

 

©2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

原作:東 直己 「ススキノ探偵」シリーズ(ハヤカワ文庫)
脚本:古沢良太
音楽:池 頼広
監督:吉田照幸

出演:大泉 洋 松田龍平 北川景子

配給:東映

 

ストーリー

【探偵】×【その相棒】
【最高のコンビ】が迎える【最大の危機】。
悲しくも激しい【最後の事件】が始まった。

なじみのクラブで、いつも通りのバカ騒ぎをする探偵(大泉洋)のもとに舞い込んだ依頼。依頼主は高田(松田龍平)の後輩=原田(前原滉)で、突然失踪した恋人の麗子(前田敦子)を探してほしいというもの。暇つぶしにと軽い気持ちで依頼を受けた探偵は、麗子が“ピュアハート"というモデル事務所を装った風俗店でアルバイトしていたことを知る。そしてその店のオーナーと名乗る美女=岬マリ(北川景子)と偶然すれ違い、かすかな既視感を覚える探偵。

ほどなくマリが、屈強な男たちを引き連れて探偵と高田の前に現れる。店を嗅ぎまわっていたことがばれ、ボコボコにされる2人。これまで無敗を誇る高田ですら、波留(志尊淳)という青年を前に完敗し、事態は一気にただならぬ様相を呈する。それでも懲りずに調べを続ける探偵は、昔なじみのヤクザの相田(松重豊)や、新聞記者の松尾(田口トモロヲ)というおなじみのメンバーから、“ピュアハート"のバックには、札幌経済界で頭角を現している北城グループの社長=北城(リリー・フランキー)という黒幕がいることを聞き出す。マリは北城の愛人だった。



そこでマリと以前に会っていたことを、ようやく思い出す探偵。なじみの元娼婦・モンロー(鈴木砂羽)がかわいがっていた、今にも倒れそうに震えていた若い女性の姿――。
「あれか…?あれが、マリか…?」



不審に思いながらも、マリの巧妙な罠に落ちる探偵は、北城のサディスティックな拷問を受け文字通り死にかける…が、高田と共になんとかピンチを切り抜け生還。しかし今度はマリ共々、北城に追われるハメに。そんな探偵にマリはある依頼をする。それはマリのすべてをかけた切なすぎる依頼。そして、探偵と高田の“別れ"の時が近付いていた――。

※満員の際、および上映開始後は入場をお断りします。

朝日新聞×HTB 北海道150年 あなたと選ぶ重大ニュースHTB×Shufoo!おにぎりあたためますか