朝日新聞×HTB 北海道150年 あなたと選ぶ重大ニュース
海賊版DVDに関して皆様へお知らせ 水曜どうでしょう DODESYO CARAVAN 2017 HTB 北海道 on デマンド 水曜どうでしょう DODESYO CARAVAN 2016 HTBオンラインショップ ラブレター from クジラ2 奮闘編

2017.6.22(木)
本日の日記

本日の写真

DVD第26弾!
好評発売中ッ!

(2017/03/29)

福助

2017年6月22日(木)

嬉野です。
東京に来ています。

今年になってから出張が頻繁になりまして月のうち三、四日くらいしか札幌にいません。
そんな出張続きで久しぶりにHTBに顔を出したら私が書いたエッセイ本「ぬかよろこび」が社内の人間に評判になっているので意外でした。

と、言いますのも、だいたい私と近い関係の人たちというのは、私が本を書いたからといって「いまさら」そんなに認識を新たに私を見なおしてくれたり、私の本を読むまでのことにはなかなか至らないものです。そもそも人間の中には、そうした順番がありますから、もちろん私の中にもその順番はあると思いますから、今回もそんなものだろうと思っておりました。

そしたら、どーも今回書いた「ぬかよろこび」は読めば共感するものがあったのか、編成局長になった福屋キャップもずいぶん「面白かった」と言ってくれ、なにより私の所属するコンテンツ事業室の局長が、どハマりしてくれたらしく、

「あんな文章が書けるなんてうれしーはすごいよ。感動した」って、「熱烈に言ってましたよ」と、私の本のサイン会なんかを密かに仕切ってくれるHTBの、おん越し女子が私に告げるのです。

「マジで?」
「マジです」

私が拙著「ぬかよろこび」に書いていることは多くは私の仕事上での失敗体験ばかりですから、もしかすると失敗談という入り口が入りやすかったのかもしれません。

「たしかに入り口はうれしーの失敗談なんだけどさ、でも、そこがありがたいんだよ」と局長は言いはじめるのです。

「いや、それで『ぬかよろこび』読んだあと面白くてさ『ひらあやまり』も読みたくなって、そしたらあれ、ほら、うれし〜が初めてのドラマの企画にたどり着くまでの話があるじゃない?なんていうの、経験もなくて、なんのあてもなくて、全くゼロのところから、うれしーのやり方をうれしー自身が発見して行く過程があるじゃない、それでドラマの企画に本当にたどり着いてしまう、あれ読んでるとさぁ、そうか!これで良いんだ!って思えてさ気が楽になるんだよ。いや、もちろん、あれはうれしーだから出来ることなんだけど、でも、何の手掛かりもないところからでも仕事は始められるんだって思えるとさ、読んでてホッとするんだよね」

いやはや、局長の熱の入った話を聞いてるとですよ、私も嬉しくなってくる、だってうちの局長なんだけど、読者としてこんなモデルケースのような良い読者はいないな〜〜と思えてしまう反応です。「ぬかよろこび」読んだら面白くて、ひとつ前の「ひらあやまり」に遡って行くなんてね。

「『ひらあやまり』『ぬかよろこび』は、物作りの現場の人間にも読ませなきゃイケないビジネス書なんだよ、うちの会社の連中全員読んでるのかな〜?」

とまで言いだす始末。
よほど私の「ぬかよろこび」は、オッさんの心に響いたようでございます。
私、良い本書きました。(^^)

でも、出版社は、売れ行きをいつまでも見守るばかりで、どうやらこのまま増刷する気もないように思えるので、「ひらあやまり」がすでにそうであるように、この先「ぬかよろこび」も、だんだん入手が困難になって行くのだと思いますから、今週末から東京埼玉で始まります「ぬかよろこび」のサイン会にお越しいただいて、この機会に是非、読んでいただいて、どハマりしていただければと思います。

6/24.25 銀座山野楽器さん

7/9 埼玉県熊谷市八木橋百貨店

7/15.16 吉祥寺東急百貨店

いずれでも、お買い求めいただけますので、是非読んでみてください。山野楽器さんもおそらく当日イキナリでも大丈夫という感じがしますので銀座にお越しの節は是非のぞいてみてくださいませ。

さて、結局、うちの局長の強い勧めで、私はHTBのホームページにコラムを書くことになりました。

でも、それはこの水曜どうでしょうの番組ホームページで日記を書くのと、どう違うのだ、という話なのでありますが、でもまぁ取り敢えず場所が違えば気分も違うだろうということで、今後を見守っていただければとおもうのでございます。

それでは諸氏!本日も各自の持ち場で奮闘願います!解散!




【2017年6月14日、嬉野Dの日記】

2017年6月14日(水)

嬉野でございます。
気がつけば6月。
北海道も既に新緑でございます。

おまけに今日は突如として陽射しが暑い札幌です。
皆さま方のお住いの辺りはいかがでございましょうかしら。

このところ東京へ行きましても大阪へ行きましても肌寒い日が続いておりましたからね、しかしながら本日のこの札幌の陽射しの強さを考えますと、これは全国的に暑いのではないかという予感がいたします。怖い怖い。

でもね、毎年キャラバンから戻って思うのですが、あんなに「クソ暑い!!」と毎日こぼしていた割には、終わって札幌に戻って、秋の知らせのあの冷たい風に吹かれる頃になると、キャラバンのクソ暑かったあの夏が懐かしく思えて来るという…。
過ぎてから知る、無くしてから知る、終わってから知るという、その、人間の懲りない性と申しましょうか、やはり我らも生命体、熱を欲するのだ!ということでございましょうか。

ということで、本日展開いたしますのは「水曜どうでしょうDVD第27弾」の告知でございます。
いよいよレギュラー放送分としては最後の企画でございますよ、皆さま方!

タイトルも「釣りバカグランドチャンピオン大会 屋久島24時間耐久魚取り対決」でございます!


「そのジャージ栗生んじゃね?」で、お馴染みの「屋久島」でございます。

釣りバカ対決であるというのに、強く記憶に残るのは白熱した対決シーンではなく午前3時半というど深夜の新栗生橋の上で突如として大泉さんが釣りとは関係なく、自分ばかりが1匹も釣れないことへの腹いせとして突如として展開させ始めました5年1組的小芝居表現。

しかしながら名シーンとして我々ファンの記憶に長く残るところとなるという大泉洋驚異のセンス!「そのジャージ栗生んじゃね?」の名セリフ。「みすたーくん絶対5年生じゃないよな」の当たり前すぎるコメントが、なぜか可笑しくなってしまう大泉マジック!が、ど炸裂!


そして「一挙公開!!未公開VTR&NG集!」をカップリング!

[発売日]は、2017年10月25日と、まだまだ先のことでございますのに、なんと予約は、7月19日から始めるという気の早さ!

[価格]は、4,298円(税込)

どうぞみなさま!
ローソンLoppi、ローチケHMV(ネットショッピング)
HTBオンラインショップ、HTBグッズ取扱店
オフィスキューオンラインショップ「CUEPRO」にて、
ご予約、お買い求め、討ち入り、一番槍、などなど、各関係ショップへ押し込みいただきますよう厚くお願いを申しあげるのでございます。

[予約特典]には、特製フィギュア 紅白帽 !のうちの、どちらか1つでございますれば、赤帽か!白帽か!は開けてみるまで分かりませんぞ!


それではおのおのがた。
来たる7月19日午前10時の鐘の音とともに関係各ショップへ打ち入られまして!首尾よく御本懐を遂げられませ!
2003年より開始いたしました「水曜どうでしょうDVD全集」コンプリートへのお遍路旅も程なく結願の日が刻々と近づいておるのでございます。

しかしみなさん!
1周したところでなんですか!
それが哀しいということであれば
2周3周いたしましょうか!
なんなら逆うちだってございます!だから案ずるな諸君!
お楽しみはこれからだ!
こっちゃ一生どうでしょうするって言ってんだ!

ですからね、
どーぞ皆さま、よろしくお願いいたします(^^)

レギュラー放送分DVDとしては最後の討ち入りでございます。
おのおのがた。
心して突入なされませー!

ということでね、
本日も諸氏!各自の持ち場で奮闘願います!解散!





(16:37 嬉野)

HTBオンライン城 燃えないゴミとクジラさんのイラストは月・木です。 おしながきへ「飛べ!」 FAQ「押せ!」 おみくじは一日一回「押せ!」 本日の日記へ「飛べ!」
HTB×Shufoo!老いるショックイチオシ!