北海道テレビ:HTB online!
あなたのダンス イチオシ!モーニングで披露しませんか?

12月13日放送 「四国R―14」 第3夜

藤村 | 2000.12/14(THU) 13:58


 怖かったですか?

 音効の工藤という男。彼は、夜な夜なひとりで、私の編集したテープを繰り返し見ながら、BGMや効果音を入れるという、とっても重要な、しかし孤独な作業をしている男です。

 彼は、出社してくると、昨夜自分に起きたいろんな出来事を我々に報告してくれます。

 「おい!藤やん、きのうの夜、電源がいきなり切れたぞ!」
 「停電したのか?」
 「なに言ってんのよ!そんなのんきな話じゃないんだって!一か所だけ切れたんだっての。ちょっと来なさいって。」

 やけに興奮気味に、彼は、我々を孤独な仕事場へと引っ張って行きました。

 「ほら、ここの電源・・・こんな電源、絶対誰も触らないんだって!」

 見ると、確かに目立たない低い位置に、その電源はありました。

 「まぁねぇ・・・でも、あんた何かの拍子に、足が当たったんじゃないの?」
 「当たんねぇって!どんな姿勢で、おれ仕事してんのよ。こんなに足伸びねぇって。絶対誰かが、手で切ったんだって!」

 すると、そばで見ていた鈴木カメラマンが、いきなりそこらへんのケーブルコードをムチのようにしならせて、ぶるんぶるん振りだしました。

 「おい!なにやってんだよ!おい!」

 かまわず、コードを電源スイッチめがけて、びしびし振りおろす鈴木カメラマン。

 バチッ!スイッチに命中。

 「ほら、切れた。」

 「ばか言え!おれが夜中にひとりでコード振り回してて、スイッチに当たったってか!」

 「でも、手使わなくても電源が切れるって証明されたでしょ。」

 「なんの解決になんのよ!」

 ・・・結局原因はわからず終い。

 さらに数日後。

 「おい!藤やん!」 
 「なによ。」
 「やばいって!おれもう仕事できねぇって!」
 「なにがよ。」

 「きのうの夜さぁ、CDもなんもかけてないのに、針がビンビン振れたのさ・・・。」

 「あの、音量の針か?」

 「そうだぞ。なんもかけてないのに振れるか?」

 「夜遅くまでやってっから、寝ぼけてたんじゃないの?」
 「おっ、信用しねぇってか。」
 「見まちがいだって。」
 
 「でも、今回は証人もいるぞ。」
 「おや。」
 「たまたま通りかかった人がいたから、ほらおかしいでしょ?って話したもん。」

 「誰よ。」

 「え?・・・・・・誰だっけか・・・おっと?・・・誰だっけかな・・・」

 「人間だった?」

 「やめろって!・・・でも、誰だっけか・・・」

 さらに、数日。

 「おい・・・藤やん。」
 「おっ、また何かあった?」

 「CDの電源が、いきなり切れた。」

 「おぉ〜。」

 「もうダメだ。」
 「そうだな。」
 「・・・。」

 「工藤ちゃん。」
 「ん・・・?なによ・・・」

 「完ペキ、憑いたね。」

 「・・・。」

 だが、数日後。

 「おい!藤やん!」

 「どうした?」

 「ついてるぞ!おれ!」

 「そうだね。」

 「いやぁ惜しかった!きのうのナンバーズ、ひとケタ違いだった!あとひとつ数字当たってたら、2400万だぞ!いやぁ、なまらついてる、オレ。」

 さて、そんなつきまくりの工藤ちゃんが、いつもの調子で言っていたのが・・・

 「おい!藤やん!恐えぇって。3週目は、これ恐いんじゃないの?」

 「そうかい?」

 「これは、あれだな、8.2・・・」

 「なにが?」

 「視聴率。」

 「おい!下がるってか!」

 「そりゃ下がるよ。途中でチャンネル変えるもの。」

 「なにぃ!それ、一番恐いじゃないの。」

 で、昨夜。その3週目・・・。恐いことが起こりました。

 「下がってる・・・9.2%・・・」

 
 う〜む。恐るべし・・・音効・工藤。またしても、数字ひとつ違い・・・。

 
 いや、そんなことどうでもいい・・・下がるってか・・・。

 
 というわけで、第3夜。「転」の巻。

 テープに記録されてしまった、見たこともない風景・・・。

 札幌へ戻る機内。大沼の無気味な笑い。
 
 編集室。藤木に蘇る遠い記憶。

 上島の目に映った大沼の変貌。

 夢か現実か・・・。

 大沼がおかしくなったのか?
 それとも、上島がおかしいのか?
 藤木は真実をつかみ始めているのか?

 そして「あの風景」は、全ての謎を解明する手がかりなのだろうか?
 
 藤木は言う。

 「おれ、結末が見たいんだよ。おれたちがどうなって行くのか。その結末が見たいんだよ・・・。」

 12月20日、世紀末の次週。その「結末」が、やってくる。

 
 いやぁ、盛り上げますなぁ。見ていただきたいですなぁ。

 予告編。走りつづける上島。そこにかぶる大沼の言葉「どこだか、わかるかい・・・」藤木の言葉「おれ、思い出したよ・・・」そして上島は、藤木の名を呼び、編集室に飛び込む・・・そこで彼は・・・なにを見たのだろうか。

 いやぁ、見たくなると思うけどなぁ。

 しかし!毎週視聴者を減らしていく「四国R―14」。サバイバルを勝ち残った者だけが、最後のエンディングを聞くことになるわけです。いったい、何人の方が、勝ち残るのでしょうか?こっちとしては、なんぼでも敗者復活してほしいので、この際、声を大にして言っておきます。

 「最終夜、全然恐くありません!オバケのQ太郎より恐くないです。」

 もうこうなったらなんぼでも平気でうそをつきます。

 「最後は爆笑です。当たり前だろう!どうでしょうなんだから。恐いわけないでしょう。大丈夫だって、笑わせるから!頼む!見てくれ!」


 

 

先頭へ戻る
水曜どうでしょうトップページへ戻る
イチオシ!HTBオンラインショップおにぎりあたためますか