hitaruオペラプロジェクト プレ公演『蝶々夫人』 2021年3月5日(金)午前11時~3月22日(月)午前11時(期間内はいつでも視聴可能)
上演時間約140分
視聴料金:2500円(税込み)

hitaruオペラプロジェクト プレ公演『蝶々夫人』

札幌文化芸術劇場hitaru( ヒタル)では、地元のオペラ団体、アーティスト、スタッフ、教育機関などが総力を結集しhitaru を舞台とした新たなオペラ作品を創造・発信する「hitaru オペラプロジェクト」をスタートします。
今回の『蝶々夫人』は、hitaruと北海道二期会との共催により、2022年からスタートするhitaru オペラプロジェクトのプレ公演として開催するものです。作曲者のプッチーニ自身が最も愛した作品とも伝えられるこのオペラには、幕末から明治にかけての時代の波に翻弄されつつも、武士の娘としての誇りを胸に、ひたすら「信じ」、愛するものへの「誠」を貫き通した一人の日本人女性の姿が描かれています。
柴田真郁氏の指揮と岩田達宗氏の演出の下、真の意味での日本の美学を追求するとともに、哀しいだけではない
"蝶々さん"の強さと生き様を描き出す、hitaru オリジナル版としてご覧ください。

チケット購入期間(期間内はいつでも視聴可能)
2021年3月5日(金)午前11時~3月22日(月)午前11時

※配信される動画はフルHD規格 最大1080Pでご覧いただけます。

公演パンフレット販売:800円(税込み・送料込み)
販売期間:2021年3月5日午前11時~15日午前11時まで

スタッフ・キャスト

  • スタッフ

    指揮:
    柴田 真郁
    演出:
    岩田 達宗
    美術:
    松生 紘子
    照明:
    成瀬 一裕
    衣裳:
    下斗米 大輔
    ヘア・メイク:
    藤原 宏行
    演出助手:
    山田 かおり
    所作指導:
    若柳 智彩
    舞台監督:
    齋藤 玲
    副指揮:
    江川 佳郎、木元 陸人
    合唱指導:
    塚田 馨一
    コレペティトール:
    青山 紗弓、伊藤 千尋、
    千葉 悠也、松岡 亜弥子
  • キャスト

    蝶々夫人:
    佐々木 アンリ
    ピンカートン:
    岡崎 正治
    シャープレス:
    今野 博之
    スズキ:
    荊木 成子
    ゴロー:
    西島 厚
    ヤマドリ公:
    岡元 敦司
    ボンゾ:
    大久保 光哉
    ケイト・ピンカートン:
    東 園己
    ヤクシデ:
    宮前 暢明
    神官:
    中原 聡章
    役人:
    葛西 智一
    蝶々さんの母:
    桑島 昌子
    蝶々さんの子:
    岡元 エレン
    管弦楽:
    札幌交響楽団
    合唱:
    北海道二期会合唱団
SNS
HTB onライン劇場