TOP > お知らせ > 珍問答連発!?東京で番組取材会を開催!

珍問答連発!?東京で番組取材会を開催!

photo

「ハナタレナックスEX(特別編) 世界遺産・知床をゆく チームナックス5人旅」が2月12日(日)ごご1時55分~全国放送されることを記念して5日、東京都内の飲食店で番組収録を兼ねた取材会を開催しました。

この日の収録は北海道で毎週木曜深夜に放送している「ハナタレナックス」のレギュラー放送用でしたが、特別番組の舞台にちなんで会場は都内の居酒屋「しれとこ」。
集まった記者には刺身や鍋、干物など北海道ならではの味覚がふるまわれ、特別番組に関する記者とナックスの肩肘張らない取材会となりました。

取材陣は制作側の予想を大幅に超える31人!特別番組への熱い期待を感じます。
リーダー森崎の乾杯でスタートするものの、すかさず大泉が「この料理はマスコミの皆さんへのワイロ?『トークはまずかったけど、鍋は美味かった』とか記事にしないで!」。全国でバリバリ活躍するナックスの面々が北海道ローカル番組だけに見せる"ゆる~い"雰囲気に、記者たちは拍子抜け!?

【記者とチームナックス5人との珍問答】

一「全国放送のポスターに"ちっぽけな5人の男たち"というキャッチフレーズがありますが……」

photo

戸次「正確無比」
安田「おっしゃる通り、文句のいいようがないですね」
森崎「不愉快だけど、知床の大自然を前にしたら認めるしかない」
大泉「悔しいが仕方がない」

一「今回の旅の"裏MVP"を挙げるなら?」

メンバー口を揃えて「安田さん」
安田「そう、ぼくなんです。全国放送をなんとか差し止めたい」
安田「5人の番組でよかったですよ。ぼくひとりだったら番組としてアウト?だった」
※安田が引き起こしたアクシデントとは!?詳しくは2月12日の全国放送で明らかに!

一「どんな気持ちでロケに臨んだ?今回の全国放送について」

大泉「いい意味で楽にやっている。東京の番組だと、こんなに楽にはやっていけない。劇的な展開とか、派手さがあるような番組ではないけれど、東京の番組では見せられない5人の様子が、この番組にはあります」
音尾「全国放送第1弾は、函館。第2弾は札幌と十勝、今回は知床だったので、次はハワイがいい」
(一同苦笑)
音尾「次回作は、北海道の離島を舞台にしてみては?」
森崎「知床は北海道に住んでいても、なかなか行けない場所。ディープな知床をお見せできるのでは?この番組では、僕たちメンバーはいつもグチから始まる。新企画とかめんどくさいとか言いながら。でも、実際やってみると、いつの間にかみんな真剣に取り組んでいる。僕たち5人にとって大切な番組です」

一「全国の人たちに、この人のここを知ってほしいと思うことは?」

大泉「音尾さんの悪態の鋭さ、戸次さんの愛すべきウザさ」
森崎「安田さんのパーソナル、プライベートを全国放送でみてほしい」

一「これまで2回放送してきた全国放送について、第3弾とこれまでの違いは?」

森崎「私たちは学ばない、1回目で恥ずかしいのに2回目、3回目も醜態をさらしてしまう」
大泉「あれが俺たちのスタイル」
戸次「見せたくないものを見られてしまうのが全国放送」

★この日収録したのは『ハナタレ一問一答』企画。北海道ローカルで3月に放送予定です!

ハナタレナックスEX(特別編)

TOP > お知らせ > 珍問答連発!?東京で番組取材会を開催!

珍問答連発!?東京で番組取材会を開催!

photo

「ハナタレナックスEX(特別編) 世界遺産・知床をゆく チームナックス5人旅」が2月12日(日)ごご1時55分~全国放送されることを記念して5日、東京都内の飲食店で番組収録を兼ねた取材会を開催しました。

この日の収録は北海道で毎週木曜深夜に放送している「ハナタレナックス」のレギュラー放送用でしたが、特別番組の舞台にちなんで会場は都内の居酒屋「しれとこ」。
集まった記者には刺身や鍋、干物など北海道ならではの味覚がふるまわれ、特別番組に関する記者とナックスの肩肘張らない取材会となりました。

取材陣は制作側の予想を大幅に超える31人!特別番組への熱い期待を感じます。
リーダー森崎の乾杯でスタートするものの、すかさず大泉が「この料理はマスコミの皆さんへのワイロ?『トークはまずかったけど、鍋は美味かった』とか記事にしないで!」。全国でバリバリ活躍するナックスの面々が北海道ローカル番組だけに見せる"ゆる~い"雰囲気に、記者たちは拍子抜け!?

【記者とチームナックス5人との珍問答】

一「全国放送のポスターに"ちっぽけな5人の男たち"というキャッチフレーズがありますが……」

photo

戸次「正確無比」
安田「おっしゃる通り、文句のいいようがないですね」
森崎「不愉快だけど、知床の大自然を前にしたら認めるしかない」
大泉「悔しいが仕方がない」

一「今回の旅の"裏MVP"を挙げるなら?」

メンバー口を揃えて「安田さん」
安田「そう、ぼくなんです。全国放送をなんとか差し止めたい」
安田「5人の番組でよかったですよ。ぼくひとりだったら番組としてアウト?だった」
※安田が引き起こしたアクシデントとは!?詳しくは2月12日の全国放送で明らかに!

一「どんな気持ちでロケに臨んだ?今回の全国放送について」

大泉「いい意味で楽にやっている。東京の番組だと、こんなに楽にはやっていけない。劇的な展開とか、派手さがあるような番組ではないけれど、東京の番組では見せられない5人の様子が、この番組にはあります」
音尾「全国放送第1弾は、函館。第2弾は札幌と十勝、今回は知床だったので、次はハワイがいい」
(一同苦笑)
音尾「次回作は、北海道の離島を舞台にしてみては?」
森崎「知床は北海道に住んでいても、なかなか行けない場所。ディープな知床をお見せできるのでは?この番組では、僕たちメンバーはいつもグチから始まる。新企画とかめんどくさいとか言いながら。でも、実際やってみると、いつの間にかみんな真剣に取り組んでいる。僕たち5人にとって大切な番組です」

一「全国の人たちに、この人のここを知ってほしいと思うことは?」

大泉「音尾さんの悪態の鋭さ、戸次さんの愛すべきウザさ」
森崎「安田さんのパーソナル、プライベートを全国放送でみてほしい」

一「これまで2回放送してきた全国放送について、第3弾とこれまでの違いは?」

森崎「私たちは学ばない、1回目で恥ずかしいのに2回目、3回目も醜態をさらしてしまう」
大泉「あれが俺たちのスタイル」
戸次「見せたくないものを見られてしまうのが全国放送」

★この日収録したのは『ハナタレ一問一答』企画。北海道ローカルで3月に放送予定です!

全国特番ページ TOPハナタレナックスTOP