2014年8月2日(土) あさ6時30分~ 対岸の原発 函館市はなぜ国を訴えたのか

  • 対岸の原発 函館市はなぜ国を訴えたのか
  • 【内容】
    青森県で建設が進む大間原発。
    函館市は最短で23キロの距離だ。

    福島第一原発事故のあと〝30キロ圏内〟の
    自治体には防災計画が義務付けられた。
    しかし、函館市に対して国や電源開発は
    住民説明会なども行わず、建設再開を
    通知しただけだった。

    「事故が起きれば函館市は消える・・・」。

    函館市は提訴に踏み切った。日本の裁判史上、
    過去に例がない、自治体による原発差し止め訴訟。
    原子力発電が抱えるもうひとつの闇、
    「原発立地」の理不尽な現実を問う。

    ナレーター:大野恵