2015年3月21日(土)あさ6時30分放送 小さなお餅屋さん ~ふるさとの片隅で~

  • 小さなお餅屋さん ~ふるさとの片隅で~
  • 【内容】
    全国の地方都市「ふるさと」は、深刻な人口減少の
    危機に晒されています。かつての旭川市民の台所、
    人で溢れかえっていた"旭川銀座商店街"も
    いまやシャッター街です。
    その片隅に、小さな餅屋、創業57年の「あさひもち」があります。
    いつしか客も減り、周りの店が次々に廃業してゆく中、
    店を切り盛りしてきた二代目夫婦は、
    自分達の代で「廃業」も考えていました。
    しかし、次男が三代目として家業を継ぐ決心をしたのです。
    家族3人きりの小さな餅屋は、創業以来、
    保存料は使わず、餅米100%のつきたてだけを
    売ることを守ってきました。
    ある人は、子供のころの思い出を胸に、
    ある人は、昔ながらの素朴な味を求めて、
    今も、常連たちが店に集います。
    もう時代遅れなのかもしれないと、諦めかけていた餅屋ですが、
    代替わりに合わせるように、本物の味として口コミで
    評判も広がり始め、新しい客も増え始めました。
    餅の味とともに、店を中心につながっていく「人の輪」も
    引き継いでいこうと歩みを始めた、小さな餅屋の1年を追いました。

    ナレーター:森さやか