からくりカラコロ

トップページ > からくりコラム
からくりカラコロ

2013年08月09日

林さんのアトリエ その2

  • Check

次に案内して下さったのが、実際に作品を制作するアトリエです。

林さんのアトリエは、道具や物は多いのにあるべき場所、収めるべき場所にきちんとおさめられているので散らかっている感じが全くなく、まさに職人さんの仕事部屋という雰囲気の漂う素敵なお部屋でした。


ちなみに余談ですが、林さんのご自宅からの帰り道Y氏が「ああいう仕事部屋のひとは良い仕事をする方です!」
と力強くいっていたのが印象深かったです。

からくりカラコロ


これを聞いた私は、自分で水をぶちまけ壊した揚句、PCのモニター裏にほっぽり出したままのほこりをかぶった「PCのキーボードをまず片付けよう!」とこの時力強く決意しました。


林さんは惜しげもなく、使っている道具や素材や制作途中のパーツなどもいろいろと見せてくださり、糸のこで実際にアクリル板を切って見せてくれたりしてくれたりもしました。

からくりカラコロ

先ほど「月と太陽と星とぼく」の動力部分を見たときに複雑な形のアクリル板が沢山組まれていたので、そういう形のものが売られているのだと、うかつにも思いこんでいましたが全然違いました。
まさかのご自分で加工されていたものでした。

糸のこは1台ではなく、2台あってそれぞれ歯の形が違います。

1台は普通の糸のこで歯がまっすぐで上下に振動して切るタイプのものですが、もう一台は歯が丸い糸のこで、歯が上下に動くものよりも素材が安定して切り出しやすいのだそうです。


いろんな道具をお持ちですが、それぞれ自分の使いやすいようにカスタマイズしたり調整してつかっているとのことでした。


こちらのカッター台は、なんとてづくりだそうです。

からくりカラコロ
からくりカラコロ

私には普段見る機会のない道具や作品の材料はどれもとても面白く、一般のご家庭のお部屋の中にこれだけの道具が揃えられていることにまさに度肝を抜かれる思いです。


HTBグッズショップがそごう広島店「初夏の大北海道展」に出店!DOKO Ga TV