「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 4月1日放送 「日高春の花と競走馬」
キセキレイ

キセキレイ

スズメ目セキレイ科 全長20センチ
水辺に棲む。南から繁殖のために渡ってくる夏鳥。
キセキレイ

キセキレイ

名前の通り胸のオレンジ色が鮮やか。
ミズバショウ

ミズバショウ

サトイモ科。北国に春を告げる早春植物。
白い「ほお」と呼ばれるもので、黄色い棒状の花を包みます。
エゾノリュウキンカ

エゾノリュウキンカ

キンポウゲ科。北海道、サハリン、千島などに分布する多年草。
リュウキンカより大型、50−80センチ。
ニリンソウ

ニリンソウ

キンポウゲ科の多年草。15−25センチ
茎葉の間から2本の長い柄を出し白い花をつける。
オオバナノエンレイソウ

オオバナノエンレイソウ

ユリ科の多年草。30−70センチ
白い花は、清楚で可憐。
エンレイソウの仲間は10−15年かけて花を咲かせる。
放牧場の馬たち

サラブレッド

日高地方は日本一のサラブレッド王国
年間7000頭余りの競走馬を育てる 。