「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 7月15日放送 「知床の花とこぐま」

エゾカンゾウ

エゾカンゾウ

エゾカンゾウ。 ユリ科。
50−70センチ多年草。花は1日半で枯れる
エゾハルゼミ

エゾハルゼミ

エゾハルゼミ。
最初に姿を現し、北国に初夏を告げるセミ。
キジムシロ

キジムシロ

キジムシロ。バラ科。
30−50センチの多年草。黄の花弁は5枚。
チシマフウロ

チシマフウロ

チシマフウロ。
フウロソウ科。20−50センチの多年草。
オオヤマフスマ

オオヤマフスマ

オオヤマフスマ。ナデシコ科。
10−15センチ、白花。小型の多年草。
コンロンソウ

コンロンソウ

コンロンソウ。アブラナ科。
40−70センチ、コンロンとは中国崑崙山脈に由来する。
センダイハギ

センダイハギ

センダイハギ。マメ科。40−80センチ。
海岸の砂丘地に群落つくる
ヒグマ母子

ヒグマ母子

6月中旬の知床。ヒグマの母子。
2頭のこぐまは、生後5ヶ月余り。
ヒグマ

ヒグマ(1)

オオイタドリを食べるヒグマの母親。
ヒグマの食べ物の8割は植物が占める。
ヒグマ

ヒグマ(2)

エゾイラクサの若葉を食べるこぐま。
母乳を飲む一方、柔らかな草も食べ始める