「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 9月2日放送 「アラスカのヒグマ」

アラスカ・カミシャック湾

アラスカ・カミシャック湾

アメリカ・アラスカ州。アラスカ半島の付け根
カミシャック湾。
ヒグマ(グリズビー)の母子

ヒグマ(グリズビー)の母子

グリズビーと呼ばれる大型のヒグマ。
母ぐまと春に生まれた3頭のこぐま。
マクニール川

マクニール川

野生のヒグマが集まるマクニール川。
アラスカ州の野生動物保護区になっているサケを狙って数十頭が集まる。
サケ捕るヒグマ(グリズリー)

サケ捕るヒグマ(グリズリー)

グリズリーは世界最大のヒグマ。
滝の前で産卵に為に遡上するサケを捕まえる。
サケ捕るヒグマ(グリズリー)

サケ捕るヒグマ(グリズリー)

大きなサケを捕まえた。
サケの腹には、赤い婚姻色が付き間もなく産卵期を迎えている。
ヒグマの観察場

ヒグマの観察場

滝の前に設けられた観察場。
ここはヒグマのサンクチャリー。
ヒグマとの共存は30年以上続いている。
ヒグマの観察場

ヒグマの観察場

観察場は6月から8月までの3ヶ月間の公開。
6日間のツアーは、毎回10人。
毎年3月初旬に、参加申請者の抽選を行う。
ヒグマ(グリズビー)3頭

ヒグマ(グリズビー)3頭

北米大陸アラスカは、野生ヒグマの楽園、最後の大地。
生き物のたちの素顔が輝きます。