「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 1月13日放送 「知床の冬鳥と山」

知床流氷の海

知床流氷の海

真冬の知床半島。知床の海を流氷が埋めている。
オオワシ

オオワシ

オオワシ。  翼を広げると2・2m〜2・5m。
美しい飛翔は、空の王者の風格
オオワシ (飛翔)

オオワシ (飛翔)

アイヌの人々は、カパッチリ・カムイ。
「鷲の神」 と呼んだ。(右は、亜成鳥)
オジロワシ(鳴き交わし)

オジロワシ(鳴き交わし)

オジロワシ。翼の長さ2・2m〜2・3m。
シベリアやサハリンから渡ってくる冬鳥。
オオワシとともに国の天然記念物。
ワタリガラス

ワタリガラス

カラスの仲間では最も大きい、63cm程。
カムチャッカ半島などから飛来する。
羅臼岳

羅臼岳

2月・・。真冬の羅臼岳。標高1661m。
知床連山の最高峰。
硫黄山

硫黄山

硫黄山。標高1563m。活火山。
噴火でえぐられた山腹と鋭い山頂を持つ。
知床岳

知床岳

知床岳。標高1254m。
大昔の噴火で、山腹が大きくえぐられている。
知床岬

知床岬

シリェトク。
アイヌの人々が「地の果」と呼んだ 半島の最先端。
知床五湖

知床五湖

原始林に囲まれた白い知床五湖。
冬の深い眠りについている。