「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 2月3日放送 「知床冬のエゾシカと野鳥」

エゾシカの群れ(空撮)

エゾシカの群れ(空撮)

エゾシカの群れ。
知床半島にはおよそ 1万頭が生息。枯れ草を求めて移動する。
エゾシカ

エゾシカ

エゾシカの家族。
家族単位で移動しながら 雪の下の枯れ草にありつきます。
エゾシカ(死体)

エゾシカ(死体)

冬。僅かな食べ物を求めて崖から転落死。
生と死は背中合わせ。
エゾシカの食害

エゾシカの食害

食べ物が不足すると木の樹皮が主食に。
エゾシカの食害は、知床の悩みのひとつ。
エゾシカ(オス2頭)

エゾシカ(オス2頭)

冬のエゾシカには、夏の俊敏さはない。
無駄なエネルギーの消耗を防ぎ春を待つ。
アカゲラ

アカゲラ

アカゲラ。キツツキの仲間。
冬も活発に 活動する。体長24センチ。
オオアカゲラ

オオアカゲラ

オオアカゲラ。アカゲラよりも一回り大きい。
ゲラとは、キツツキの呼び名。
ゴジュウカラ

ゴジュウカラ

ゴジュウカラ。体長14センチ。
頭を下にして木の幹を、逆さに降りられる。
オオワシ

オオワシ

オオワシ。体長1mほど。空の王者。
知床で越冬すためにシベリアから飛来。
ホオジロガモ

ホオジロガモ

ホオジロガモ。体長45センチ。冬鳥。
流氷の隙間を泳ぐメスたち。
クマゲラ

クマゲラ

クマゲラ。体長45センチ。
日本最大のキツツキ。