「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 6月2日放送 「初夏の礼文・利尻の花」

礼文島

礼文島

日本最北の島、初夏の礼文島。
礼文とは、アイヌ語のレブンシリ、『沖にある島』を意味する。
礼文島・西海岸の断崖

礼文島・西海岸の断崖

礼文島の西海岸。
波打ち際から垂直に近い、高さ200mほどの断崖が続きます。
礼文島の険しい南西海岸

礼文島の険しい南西海岸

礼文島の桃岩から南へ。美しい海に、剣山のような鋭い海岸線・・・。
崖の険しい環境が礼文の花を守ってきました。
礼文島・桃岩歩道の散策路

礼文島・桃岩歩道の散策路

礼文島は、花の浮島。
春から夏、約300種の高山植物が、崖に沿って伸びる散策路脇に咲く。
レブンアツモリソウ

レブンアツモリソウ

レブンアツモリソウ。ラン科。礼文島のシンボルの花。
淡黄色のアツモリソウは、礼文にだけ咲く希少種。
レブンアツモリソウ

レブンアツモリソウ

アツモリソウの名前は、平家物語の武将・平敦盛に由来、丸い花は、流れ矢を防ぐ風に膨らむ母布(ほろ)に似る。
カラフトアツモリソウ

カラフトアツモリソウ

カラフトアツモリソウ。昔の樺太(サハリン)で発見。
花の上弁と左右の側弁が紫色をしている。
レブンアツモリソウ群生保護区

レブンアツモリソウ群生保護区

礼文島北部にあるレブンアツモリソウの保護区。
花を盗掘による絶滅から守っている。
利尻島

利尻島

利尻島。利尻とは、リイシリ『高い山の島』というアイヌ語に由来します。
名峰・利尻山がシンボル。
利尻山(1721m)

利尻山(1721m)

日本海北部のランドマーク利尻山。標高1721m。
5月下旬、山の上の残雪が美しく輝きます。
利尻山の鋭い尾根と谷

利尻山の鋭い尾根と谷

利尻山が現在の形になったのは、8千年程まえ。
相次ぐ火山活動と長い歳月による浸食と崩落で鋭い尾根と深い谷ができた。