「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 6月23日放送 「阿寒の初夏彩り」

阿寒湖の初夏

阿寒湖の初夏

北海道東部、初夏の阿寒湖。
6千年ほど前の雄阿寒岳の噴火で、今の形が出来上がる。
ひょうたん沼・初夏

ひょうたん沼・初夏

ひょうたん沼。雄阿寒岳の南、水深1メートル50センチほど。
カヌーやスポーツフィツングが盛ん。
ペンケトー・初夏

ペンケトー・初夏

雄阿寒岳の北東の裾野にひっそりと佇むペンケトー。
アイヌ語で「上にある沼」を意味する神秘の湖。
パンケトー・初夏

パンケトー・初夏

パンケトー。アイヌ語で「下にある沼」。
ペンケトーに比べ、湖面の標高が70メートルほど低い。
次郎湖・初夏

次郎湖・初夏

雄阿寒岳の麓、阿寒湖の子供のような湖。
湖を包む森も日増しに緑が色濃くなっている
コンロンソウ

コンロンソウ

コンロンソウ。アブラナ科。40〜70cmの多年草。
花の名前は、中国崑崙山脈による。
ニリンソウ

ニリンソウ

ニリンソウ。キンポウゲ科。15〜25cmの多年草。
ひとつの茎に、2から3輪の花を付ける。
クルマバソウ

クルマバソウ

クルマバソウ。アカネ科。25〜40cmの多年草。
純白な花は、可憐です。
エゾオオサクラソウ

エゾオオサクラソウ

エゾオオサクラソウ。サクラソウ科。15〜30cm。
多年草。初夏の阿寒を代表する花のひとつ。
ツバメオモト

ツバメオモト

ツバメオモト。ユリ科。40〜60cm。多年草。
花の後の実は、ツバメ色の青になる。
オンネトー・初夏

オンネトー・初夏

オンネトー。阿寒湖の南西に広がる湖。
時間や気象の変化で、湖水が五色に変わる。
クマゲラ

クマゲラ

クマゲラ。大きさ46cm。国内最大のキツツキ。
阿寒の森で繁殖しているが、絶滅が心配されている。
ミヤマエンレイソウ

ミヤマエンレイソウ

ミヤマエンレイソウ。ユリ科。20〜30cm、多年草。
花の花弁は3枚、横向きに咲く。
タチツボスミレ

タチツボスミレ

タチツボスミレ。スミレ科。5〜20cm、多年草。
薄紫の花を1輪付ける。立壷の壷とは、庭をさす。
シジュウカラ

シジュウカラ

シジュウカラ。シジュウカラ科。大きさ14・5cm。
地上で、植物の種や小さな虫を採食することも。