「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 7月7日放送 「利尻の海とサハリンの花」

利尻島

利尻島

北海道北部、日本海に浮かぶ6月の利尻島。
初夏の風が香る。
ホッケ

ホッケ

ホッケ。アイナメ科。初夏に群れをつくる。
動物プランクトンを求めて沿岸近くを回遊する。
ホッケ柱 

ホッケ柱 

初夏の利尻島沖には、高さが15メートルの「ホッケ柱」と呼ばれる巨大な魚の柱が出現する。
ホッケ柱(2)

ホッケ柱(2)

ホッケは「春ボッケ」と呼ばれる、1歳半の若いホッケ。
大きさは20〜24cm。
イサザアミ

イサザアミ

動物プランクトンのイサザアミ。
海面近くに大量に発生し、海の色を桜色に染める。
イサザアミ(2)

イサザアミ(2)

ホッケの集団は、海面近くに発生したイサザアミを先を争うように貪る。
動物プランクトン。
ホッケの群れ

ホッケの群れ

群れをつくるホッケは、およそ5万尾。
集団で動物プランクトンを求めて回遊する。
サハリン(旧樺太)

サハリン(旧樺太)

花の浮島、礼文島からのサハリン遠景。
礼文島に咲く北方系の花は、サハリンから渡ってきたものが殆ど。
カラフトヒヨクソウ

カラフトヒヨクソウ    

カラフトヒヨクソウ。ゴマノハグサ科。
樺太の名が付いているが、花の古里は遥かシベリア。
ミヤマキンポウゲ

ミヤマキンポウゲ

ミヤマキンポウゲ。キンポウゲ科。20〜35cm。多年草。
サハリンでは、平地に群落つくる。
クロユリ

クロユリ

クロユリ。ユリ科。15〜30cm。多年草。
低地の湿地に群生する。花は横向きに咲く。
キバナクロユリ

キバナクロユリ

キバナクロユリ。クロユリの変種。
サハリンではクロユリの傍に良く混生する。
アツモリソウ

アツモリソウ

アツモリソウ。ラン科。25〜40cm。
日本では幻に、サハリンでは道端に何気なく咲いている。
ベニバナヤマシャクヤク

ベニバナヤマシャクヤク

ベニバナヤマシャクヤク。キンポウゲ科。
40〜50cm。淡紅色の花をつける。
ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ。ミズキ科。5〜20cm。多年草。
サハリンには氷河期の後、日本から北上した。