「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 8月4日放送 「花の宝庫アポイ岳」

アポイ岳

アポイ岳

アポイ岳。標高810m。
日高山脈の南、様似町の 花の名山。植物群は国の天然記念物
アポイアズマギク

アポイアズマギク

アポイアズマギク。キク科。10〜20cm。
ミヤマアズマギクの変種で、アポイの花は白色。
ヒダカイワザクラ

ヒダカイワザクラ

ヒダカイワザクラ。サクラソウ科。5〜12cm。
高山帯の岩の隙間などに咲く。
ミヤマオダマキ

ミヤマオダマキ

ミヤマオダマキ。キンポウゲ科。10〜25cm。
外側の青紫はがく片。その内側の白色が花弁。
エゾキスミレ

エゾキスミレ

エゾキスミレ。スミレ科。10〜20cm。
カンラン岩の隙間に根を張る。
カンラン岩

カンラン岩

アポイ岳は地中のマグマが噴出し固まった山。
植物の成長を妨げるマグネシュームや鉄を含む カンラン岩という特殊な地質をもつ。
ヒダカソウ

ヒダカソウ

ヒダカソウ。キンポウゲ科。10〜25cm。
アポイ岳と その周辺に咲く固有種。絶滅が心配されている。
アポイクワガタ

アポイクワガタ

アポイクワガタ。ゴマノハグサ科。
アポイ岳の 固有種。長い雄しべを、兜の鍬形に例えた。
サマニユキワリ

サマニユキワリ

サマニユキワリ。サクラソウ科。7〜15cm。
ユキワリコザクラの変種で、葉が細く縁がそる。
サマニオトギリ

サマニオトギリ

サマニオトギリ。オトギリソウ科。
10〜30cm オトギリソウの花弁にある黒点がない。
アポイアザミ

アポイアザミ

アポイアザミ。キク科。80cm。
長い茎の先に 淡紅紫の花を下向きに付ける。アポイ岳周辺に咲く。
アポイ岳・夏の霧

アポイ岳・夏の霧

夏のアポイ岳は、海霧に包まれる。
冷涼な環境と カンラン岩が、アポイ独特な高山植物を育んだ。
エゾコウゾリナ

エゾコウゾリナ

エゾコウゾリナ。キク科。30cm程。一属一種の花。
花柄には黒い毛が密集。花を寒さから守る。
アポイカラマツ

アポイカラマツ

アポイカラマツ。キンポウゲ科。30cmほど。
花弁が無く、雄しべの先端が黄色で垂れ下がる。
チングルマ

チングルマ

チングルマ。バラ科。10〜20cmの小低木。
群落をつくる。
エゾヤマツツジ

エゾヤマツツジ

エゾヤマツツジ。ツツジ科。
ヤマツツジの変種で、赤ツツジとも呼ばれる。
キンロバイ

キンロバイ

キンロバイ。バラ科。30〜80cm。
落葉低木 花弁は、5枚でほぼ円形。
エゾノカワラマツバ

エゾノカワラマツバ

エゾノカワラマツバ。アカネ科。30〜80cm。
黄色い小花を密集。細長い松葉に似た葉を持つ。