「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 9月15日放送 「利尻山の花とアカエリカイツブリ」

利尻山とローソク岩

利尻山とローソク岩

真夏の利尻山(1721m)。山頂とローソク岩。
日本百名山のひとつ。別名利尻富士。
ボタンキンバイ

ボタンキンバイ

ボタンキンバイ。キンポウゲ科。15〜80cm。
花柱が紅色をしている利尻の固有種。
イワギキョウ

イワギキョウ

イワギキョウ。キキョウ科。5〜10cm。
鐘形の花を 1〜2個横向きに付ける。高山の岩礫地に咲く。
リシリリンドウ

リシリリンドウ

リシリリンドウ。リンドウ科。5〜12cm。
高山に咲くリンドウで、別名がクモマリンドウ。
ミヤマアズマギク

ミヤマアズマギク

ミヤマアズマギク。キク科。10〜20cm。
1200m 以上の高山で群落をつくる。花は紫紅色。
エゾツツジ

エゾツツジ

エゾツツジ。ツツジ科。10〜30cm。
花は鮮やかな 紅色で大振りの鐘形。落葉小低木。
ローソク岩とお花畑

ローソク岩とお花畑

利尻山山頂と直下のローソク岩周辺は、
天上の花園、可憐な花々が山頂を彩る。
サロベツ原野の湖沼

サロベツ原野の湖沼

北海道北部、真夏のサロベツ原野に点在する 湖沼のひとつ、
水鳥の新しい命を育む。
アカエリカイツブリ

アカエリカイツブリ

浮き巣の中で抱卵中のアカエリカイツブリ。
夫婦が交代で約4週間 卵を温める。
アカエリカイツブリ・雛誕生

アカエリカイツブリ・雛誕生

親鳥の前に縞模様の小さなヒナ・・・・・。
誕生直後、首が据わらず一寸不安定。
アカエリカイツブリのヒナ 1

アカエリカイツブリのヒナ 1

親鳥の背中からヒナが顔を出す。
ヒナの大きさは ニワトリのヒヨコよりもやや小ぶり・・・。
アカエリカイツブリのヒナ 2

アカエリカイツブリのヒナ 2

アカエリカイツブリのヒナは、
親の背中に乗る 本能が備わっている。
こうして天敵から身を守る。
アカエリカイツブリのヒナ 3

アカエリカイツブリのヒナ 3

サロベツ原野の湖沼は、
アカエリカイツブリの いのちの揺り篭。
小さきものを逞しく育てる。