「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 9月22日放送 「風蓮の若鳥と夏の野付」

風蓮湖畔の森

風蓮湖畔の森

北海道東部、夏の風蓮湖畔の森・・・。
冷たい海からの霧に包まれる。
シマフクロウ・巣立ち直後

シマフクロウ・巣立ち直後

シマフクロウの幼鳥。巣から地上に落ちて(巣立ち)5時間後・・・・
この後幼鳥は自力で木に登り、10日程で飛べるようになる。
タンチョウ・幼鳥

タンチョウ・幼鳥

タンチョウの2羽の幼鳥・・・。生後30日ほど。
大きく逞しくなる。親の愛情を一身に受ける。
シマフクロウ・幼鳥

シマフクロウ・幼鳥

シマフクロウの幼鳥。 巣立ちから2週間。
飛べるようになっても、獲物はまだ捕れない。
タンチョウ・若鳥

タンチョウ・若鳥

タンチョウの若鳥。生後2ヶ月程・・・。
2羽の子供の 1羽が姿を消す。キツネの犠牲になった?
野付半島

野付半島

根室海峡に「つ」の字に突き出した野付半島。
日本最大の砂嘴、野の花と野鳥の王国・・・・。
エゾカンゾウ

エゾカンゾウ

エゾカンゾウ。
ユリ科、50〜70cm多年草 花は1日半で枯れる。群落をつくる
ヒオウギアヤメ

ヒオウギアヤメ

ヒオウギアヤメ。 アヤメ科。60〜90cm。
青紫色の花が、砂の原野にアクセントを付ける。
シコタンキンポウゲ

シコタンキンポウゲ

シコタンキンポウゲ。 キンポウゲ科。20〜25cm。
北方領土・色丹島の名が付く北方系の花。
クロガモ

クロガモ

クロガモ。 カモ科。48cm。日本で冬を越した 冬鳥。
サハリン北部へ帰り繁殖する。
アカアシシギ

アカアシシギ

アカアシシギ。 シギ科。27cm。
野付半島など 道東の湿原で繁殖する夏鳥。絶滅危惧種。
ハマニガナ

ハマニガナ

ハマニガナ。 キク科。10cm。
海岸の砂地に 多い。3cmほどの花を2〜3個付ける
アオジ

アオジ

アオジ。 ホオジロ科。15.5cm。
夏鳥。北海道からサハリン、南千島で繁殖する。
オオジュリン

オオジュリン

オオジュリン。 ホオジロ科。16cm。
北海道で普通に繁殖する夏鳥・・。
カッコウ

カッコウ

カッコウ。 カッコウ科。35cm。雄雌同色。
夏鳥として来道、モズやホオジロ類などに託卵する
シマアオジ

シマアオジ

シマアオジ。 ホオジロ科。15cm。「シマ」とは 北海道を指す。
原野を象徴する鳥も最近は数を減らしている。
センダイハギ

センダイハギ

センダイハギ。 マメ科。40〜80cm。
花は蝶形で 総状に咲く。海岸に群落をつくる
ワタスゲ

ワタスゲ

ワタスゲ。 カヤツリグサ科。20〜50cm。
2cmほどの綿毛をつけ群落となる。