「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 9月29日放送 「アカエリカイツブリとサロベツ初秋」

サロベツ原野の沼

サロベツ原野の沼

7月下旬、北海道北部サロベツ原野に点在する 沼のひとつ。
水鳥たちのいのちの揺り篭・・・・。
アカエリカイツブリの親子

アカエリカイツブリの親子

アカエリカイツブリ。カイツブリ科。夏鳥。
この沼で生まれた2羽の子供を連れている。
アカエリカイツブリの幼鳥1

アカエリカイツブリの幼鳥1

アカエリカイツブリの子供。生後2週間・・・。
顔の縞模様が、歌舞伎役者の隈取りのよう。
エゾミソハギ

エゾミソハギ

エゾミソハギ。ミソハギ科。50〜150cm。
低地の湿原などに好んで咲く。
エゾフクロウ

エゾフクロウ

エゾフクロウの子供。巣立ちから30日ほど。
少し飛べるようになっても、狩りは出来ません。
エゾユキウサギ

エゾユキウサギ

エゾユキウサギの子供。生後2週間ほど・・・。
草を食み、既に親から独立している。
アカエリカイツブリの幼鳥2

アカエリカイツブリの幼鳥2

カイツブリ科の水鳥たちは、
生後2週間程まで子供を親の背中に乗せ、愛情細やかに育てる。
アカエリカイツブリの兄弟

アカエリカイツブリの兄弟

アカエリカイツブリの兄弟が食べ物を巡って争い・・。
小さくとも逞しく生きて行くことを学びます。
サロベツ原野・初秋

サロベツ原野・初秋

9月・・・、北海道北部に広がるサロベツ原野・・。
みどりの草原が少しずつ秋の色に染まる。
サワギキョウ

サワギキョウ

サワギキョウ。キキョウ科。50〜80cm。
秋を告げる花のひとつ。唇形の花を総状につける。
ネジバナ

ネジバナ

ネジバナ。ラン科。10〜30cm。
花はネジの溝のように、らせん状につける。
アキノキリンソウ

アキノキリンソウ

アキノキリンソウ。キク科。70〜100cm。
花は纏まって穂状につく。秋の花。
ヤマドリゼンマイ

ヤマドリゼンマイ

ヤマドリゼンマイ。ゼンマイ科。多年草のシダ。
長さ60cmの葉が茶色に変身・・・。
カワウ

カワウ

カワウが沼の中で、大きな鯉をものにしようと悪戦苦闘・・・。
野生で生き抜くためのドラマ。
ジュンサイ

ジュンサイ

ジュンサイ。スイレン科。水中に咲く多年草。
水面に浮く楕円の葉も秋の色に染まる。
アカエリカイツブリ・若鳥1

アカエリカイツブリ・若鳥1

アカエリカイツブリの2羽の子供。
生後50日余り・・・、親鳥と変わらぬ程の若鳥に成長した。
アカエリカイツブリ・若鳥2

アカエリカイツブリ・若鳥2

アカエリカイツブリの若鳥。
ピイピイと甘えるように親鳥に擦り寄り餌をねだる・・・・。
間もなく家族は南へ旅立つ・・・。