「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 10月13日放送 「クリル探訪ウルップ島」

クリル列島(旧千島列島)

クリル列島(旧千島列島)

クリル列島。北海道からカムチャツカ半島まで1200キロの火山列島。
明治8年から昭和20年(1945年)の終戦まで千島と呼ばれた日本領土。
ウルップ島(旧得撫島)

ウルップ島(旧得撫島)

霧のウルップ島(旧得撫島)、南西端の島影・・・。
日本の北方領土・択捉島の北東に位置する。
ウルップ島へ上陸

ウルップ島へ上陸

住む人のない島へは小さなゴムボートが頼り。
薄くなった海霧の合間を付いて海岸へ上陸する。
朽ちた桟橋・ウルップ島

朽ちた桟橋・ウルップ島

海岸の砂浜に朽ちた桟橋が残されている。
旧ソ連時代の国境警備隊の艀が行き交った
装甲車と廃屋・ウルップ島

装甲車と廃屋・ウルップ島

はかなき夢のあと・・。東西冷戦後に打ち捨てられた
旧ソ連時代に使われた装甲車と警備隊の廃屋・・・。
ドラム缶・ウルップ島

ドラム缶・ウルップ島

旧ソ連時代に使われた大量のドラム缶。
国境警備隊が撤退後も廃棄されたまま・・・。
チシマエンレイソウ

チシマエンレイソウ

チシマエンレイソウ。ユリ科。
千島の名が付く、白花のエンレイソウの仲間。
チシマアマナ

チシマアマナ

チシマアマナ。ユリ科。
千島の名が付く。花は茎の先にひとつ付く。
キバナシオガマ

キバナシオガマ

キバナシオガマ。ゴマノハグサ科。花は密集して咲く。
北海道では大雪山で見られる。
ウルップソウ

ウルップソウ

ウルップソウ。ゴマノハグサ科。
この島で見つかり得撫の名が付く希少種。北海道では礼文島に咲く。
ウルップ島(旧得撫島)

ウルップ島(旧得撫島)

太平洋に面したウルップ島の東海岸。
江戸時代ウルップ島の名前は世界に知れ渡る。
1634年オランダの探検家フリースが島を発見上陸する。
アレウカ湾(旧小舟湾)

アレウカ湾(旧小舟湾)

太平洋に面したアレウカ湾。
日本時代は小舟湾と呼ばれた波静かな入江。
ボートバーバーの別称も。
丸太小屋・ウルップ島

丸太小屋・ウルップ島

アレウカ湾の奥に打ち捨てられた丸太小屋。
微かにロシヤ人の暮らしの匂いが残っていた。
アザラシ

アザラシ

湾の岩場でくつろぐゴマフアザラシ(左)とゼニガタアザラシ(右)。
野生の素顔が輝く。
エゾイヌナズナ

エゾイヌナズナ

エゾイヌナズナ。アブラナ科。
海岸の岩場に咲く。6〜20cm多年草。
イワベンケイ

イワベンケイ

イワベンケイ。ベンケイソウ科。
雄雌異株。10〜30cm多年草。
温泉の滝

温泉の滝

ウルップ島には幾つもの火山が活動・・・、
島のあちこちで温泉が湧き流れている。