「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 10月27日放送分 「クリル探訪・ウルップ島とチルポイ島」

ウルップ島(旧得撫島)

ウルップ島(旧得撫島)

1945年終戦までの日本時代は、千島と呼ばれたクリル列島。
戦後ウルップ島以北はロシアに帰属。
セブリューガ岬

セブリューガ岬

ウルップ島(旧得撫島)の中部西海岸、
オホーツク海に面したセブリューガ岬の海岸。
ラッコ

ラッコ

ラッコ。
ボートで島に近づくとラッコに遭遇・・・。
人間などには無関心・・・無垢なる野生の姿。
エゾフウロ

温泉の滝

ウルップ島は火山の島。
海岸の崖の中腹から高さ20メートル余り温泉の滝が海へ流れている。
ロシア人温泉入浴

ロシア人温泉入浴

硫黄の匂いが鼻を付く温泉は、40度ほど・・。
上陸したロシア人が浸かり旅の疲れを癒す。
ウルップ島・ブリズニツィ島

ウルップ島・ブリズニツィ島

ウルップ島の北端に浮かぶブリズニツィ島。
かつての二子岩島が霧の中から現れる。
ウルップ島・ビールジョッキの島

ウルップ島・ビールジョッキの島

二子岩島に挟まれたユニークな岩礁、
その形から「ビールジョッキの島」と呼ばれている。
ウルップ島・旧日本軍のトーチカ跡

ウルップ島・旧日本軍のトーチカ跡

双子の島のひとつに残された旧日本軍のトーチカ跡。
今も残る悲しき太平洋戦争の遺跡。
旧日本軍のトーチカ跡内部

旧日本軍のトーチカ跡内部

朽ちたトーチカ跡の内部・・・。
太平洋戦争当時、小さな島そのものが要塞として睨みを利かしていた。
チルポイ島(旧知理保以島)

チルポイ島(旧知理保以島)

ウルップ島の北東、チルポイ島。
南北2つの島が繋がる小さな島。海まで溶岩流れる島・・・。
チルポイ島・サタナ岬

チルポイ島・サタナ岬

ロシア語で「鬼」を意味するサタナ岬・・。
流れた溶岩が奇岩となり海岸線を埋めている。
チルポイ島・溶岩の高原

チルポイ島・溶岩の高原

雨風に浸食された溶岩が、さまざまに形で島を覆いつくしている。
荒ぶれた大地に野の花が咲く・・
ヒダカミネヤナギ

ヒダカミネヤナギ

ヒダカミネヤナギ。ヤナギ科。古くはヒメチシマヤナギ。
最新の研究でヒダカミネヤナギと同じ種に至る。
ヒダカミヤマノエンドウ

ヒダカミヤマノエンドウ

ヒダカミヤマノエンドウ。マメ科。古くはコダマソウ。
花は青紫で、千島(クリル)では点々とある。
コメバツガザクラ

コメバツガザクラ

コメバツガザクラ。ツツジ科。常緑小低木。
白い可憐な壷形の花をつける。
キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲ。ツツジ科。常緑の小低木
溶岩の中に楚々とした気品ある花を付ける。
カムイワッカ湖

カムイワッカ湖

カムイワッカ湖。火山の火口跡。
カムイワッカ、神の水と名付けられた湖。
ススキ

チョールノゴ山(旧硫黄山)

チョールノゴ山(旧硫黄山)624m。島にある活火山のひとつ。
日本時代には硫黄を採掘していた。