「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
 12月1日放送分 「風蓮湖 秋の旅鳥とシマフクロウの狩り」

風蓮湖・秋

風蓮湖・秋

根室半島の付け根に広がる秋の風蓮湖・・。
昇る朝日に紅く染まっています。
オオハクチョウ(1)

オオハクチョウ(1)

冬の使者オオハクチョウ。カモ科。
10月に入ると温かな日本で冬を越すためにシベリアなどから渡ってきます。
オオハクチョウ(2)

オオハクチョウ(2)

翼を休めるオオハクチョウ・・・。
風蓮湖は国内でも最大級の渡りの中継地、オアシスです。
オオハクチョウ(2)

オオハクチョウ(3)

オオハクチョウたちは、風蓮湖でひと月ほど体力を養った後、
冬を越す本州の湖沼へ旅立つ。
オオソリハシシギ(1)

オオソリハシシギ(1)

オオソリハシシギ。シギ科。大きさ39cm。
シベリアで繁殖する旅鳥。
長い嘴を砂に差しこみゴカイや貝を捕る。
オオソリハシシギ(2)

オオソリハシシギ(2)

風蓮湖を経由して冬を越す南へ帰る。
オオソリハシシギは、遥かオーストラリアまで渡る。
国境のない旅鳥だ。
メダイチドリ

メダイチドリ

メダイチドリ。チドリ科。20cm。旅鳥。
シベリアで生まれた幼鳥。
この先赤道を越える長い旅がまっている。
ハマシギ(1)

ハマシギ(1)

ハマシギ。シギ科。21cm。旅鳥。
風蓮湖を経由して中国東部やインド方面で冬を越す。
ハマシギ(2)

ハマシギ(2)

ハマシギ。胸の黒い斑点が薄くなり、冬羽に変わっている。
群れをつくり南へ向かう。
風蓮湖畔の森

風蓮湖畔の森

10月・・・。北海道東部、風蓮湖畔から繋がる
森にも秋が深まり行く。
シマフクロウ・子供

シマフクロウ・子供

シマフクロウ。フクロウ科。6月初めに巣立った子供。
凛とした顔立ちは早くも森の王者の風貌・・・
シマフクロウ・子供(2)

シマフクロウ・子供(2)

水中の魚に狙いを定めるシマフクロウの子供・・・。
生まれて初めての狩りに挑みます。
シマフクロウ・子供の狩り

シマフクロウ・子供の狩り

狩りの要領がつかめていないシマフクロウの子供。
魚が跳ねた水音に驚き飛び上がる・・・。
シマフクロウ・子供の狩り(2)

シマフクロウ・子供の狩り(2)

若きシマフクロウが狩りに再挑戦!
今度は鋭い爪で魚を捕まえた。
野生で生き抜くための大きな一歩です。