「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
  08年1月19日放送分「クリル探訪〜パラムシル島・プティチィ島」

パラムシル島(旧幌筵島)

パラムシル島(旧幌筵島)

パラムシル島。(旧幌筵島)
クリル列島(旧千島列島)の中で2番目の大きさ。
セベロクリリスク(旧柏原)

セベロクリリスク(旧柏原)

セベロクリリスク(旧柏原)。北クリル唯一の町。
太平洋戦争終結までは柏原と呼ばれていた。
シュムシュ島(旧占守島)

シュムシュ島(旧占守島)

シュムシュ島(旧占守島)。
クリル列島終着の島 遠くに残雪のカムチャッカの山が・・・。
ラッコ・パラムシル島

ラッコ・パラムシル島

パラムシル島はラッコの島。
陸上のイタチと同じ 仲間で、生活の全てを海に依存している。
ラッコの群れ

ラッコの群れ

かつては高級な毛皮を取るために乱獲されたが
今は国際的に保護されている。
チクラチキ(旧千倉岳)

チクラチキ(旧千倉岳)

チクラチキ(旧千倉岳)標高1816m。
パラムシル島の最高峰、残雪が鮮やか・・・・。
旧千倉連山

旧千倉連山

パラムシル島南部に頂を連ねる旧千倉連山。
冠岳から猫山、大硫黄山、千倉岳と連なる。
旧加熊別漁場跡

旧加熊別漁場跡

パラムシル島南部。
オホーツク海に面した 加熊別(かくまべつ)にある水産加工場跡・・・。
旧加熊別漁場跡

旧加熊別漁場跡

加熊別で加工された冷凍ダラは、太平洋戦争 開戦前まで対戦国のアメリカに輸出されていた。
旧加熊別・与助港

旧加熊別・与助港

当時隆盛を極めていた「日米水産」社長の 名をつけた与助港(よすけこう)。
国の援助を受けず自力で造り上げた港の跡。
プティチィ島(旧鳥島列岩)

プティチィ島(旧鳥島列岩)

プティチイ島(旧鳥島列岩)。
パラムシル島の 太平洋沖にあり、数個の岩礁島が連なる。
オオセグロカモメのコロニー

オオセグロカモメのコロニー

オオセグロカモメが舞い上がる島の上は、
大きなコロニー(集団営巣地)になっている。
オオセグロカモメ・嘴打ち

オオセグロカモメ・嘴打ち

孵化直前のオオセグロカモメ。
卵の中から いのちの鼓動が聞こえる。
オオセグロカモメ・ヒナ

オオセグロカモメ・ヒナ

生まれたばかりのオオセグロカモメの雛。
天敵のいない島は、格好の繁殖地。
タチシマウガラス

チシマウガラス

チシマウガラス。頭の上に2つの冠羽をもつ。
北海道では殆ど見ることが出来ない海鳥。
ラッコの群れ・プティチィ島

ラッコの群れ・プティチィ島

プテイチィ島の海は、ラッコの楽園。
群れをつくり貴重な繁殖地となっている。
ラッコの母子

ラッコの母子

ラッコの母子。
子供は春から夏にかけ1頭しか 生まず、愛情細やかに育てる。
ラッコの母子・授乳

ラッコの母子・授乳

母親の乳首は、腹の下にある。
子供の体を 逆さにして脂肪分の多い母乳を吸わせる。