「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
  08年2月16日放送分「クリル(千島)列島の太平洋戦争遺跡II」

パラムシル島(旧幌筵島)

パラムシル島(旧幌筵島)

クリル(旧千島)列島北部のパラムシル島  旧柏原。
島は北から進攻してくるアメリカ軍に 備えた本土防衛の最前線であった。
旧擂鉢湾海岸

旧擂鉢湾海岸

パラムシル島の中部、太平洋に面した擂鉢湾の海岸。
終戦まで日本のサケマスの 製缶工場が立ち並んでいた。
旧擂鉢山(すりばちやま)

旧擂鉢山(すりばちやま)

擂鉢山。標高わずか84メートルの低山。
擂鉢を伏せた形から名が付けられた。
旧海軍・擂鉢湾飛行場跡

旧海軍・擂鉢湾飛行場跡

擂鉢山の麓につくられた旧海軍の擂鉢湾飛行場跡。
島に造られた4つの航空基地の 一つ。
左上に滑走路跡が伸びている。
旧擂鉢湾飛行場格納庫跡

旧擂鉢湾飛行場格納庫跡

航空基地は太平洋戦争に突入した 昭和16年に建造。
錆び付いた格納庫は 埋もれた戦争の歴史を紐解く遺跡のひとつ。
シュムシュ島(旧占守島)

シュムシュ島(旧占守島)

弧を描いたクリル列島の終着、旧占守島。
太平洋戦争当時は2キロの海峡を挟んだ 旧幌筵島と共に本土防衛の最前線となった。
旧海軍・片岡飛行場跡

旧海軍・片岡飛行場跡

シュムシュ島南部、旧片岡の丘の上に
旧海軍・片岡飛行場跡が残されている。
キングコブラ機残骸・1

キングコブラ機残骸・1

第2次世界大戦当時のキングコブラ戦闘機。
対ドイツ戦のためにソ連がアメリカから 買い入れた。
キングコブラ機残骸・2

キングコブラ機残骸・2

敗戦後、旧片岡飛行場はソ連軍の基地に。
旧海軍の施設や運ばれてきたキングコブラ機が
10年ほど使われ打ち捨てられた。
旧片岡飛行場格納庫跡−1

旧片岡飛行場格納庫跡−1

日本の旧海軍が建造した戦闘機の格納庫。
片岡飛行場は太平洋戦争真っ只中の 昭和17年に造られた。
旧片岡飛行場格納庫跡−2

旧片岡飛行場格納庫跡−2

崩れ錆び付いた大きな戦闘機の格納庫・・・。
戦争の記憶を秘めて静かに眠りについている。
旧竹田浜

旧竹田浜

シュムシュ島の北、悲劇の竹田浜。
終戦から3日後の未明、千島占領を目論んだ ソ連が
2万人の兵士を上陸させた。
旧日本軍トーチカ跡・1

旧日本軍トーチカ跡・1

旧日本軍のトーチカ跡。
ここで守りを固めていた日本兵は僅かに600名・・。
濃霧の中の 戦いで双方に多くの戦死者が出た。
旧日本軍トーチカ跡・2

旧日本軍トーチカ跡・2

遠い記憶の彼方から名も無き兵士の
平和を願う悲痛な叫びが蘇る・・・・・。 鎮魂の島、占守島。