「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
  08年4月19日放送分「風蓮湖 春の花とタンチョウのヒナ」

風蓮湖・春

風蓮湖・春

北海道東部の風蓮湖に遅い春の訪れ・・・
5月、湖畔の大地が春の花で賑わいます。
エゾエンゴサク

エゾエンゴサク

エゾエンゴサク。ケシ科。15〜20cm。
多年草。花は茎の上に総状につく。
ヒメイチゲ

ヒメイチゲ

ヒメイチゲ。キンポウゲ科。5〜15cm。
花柄は1本、白く可憐な花を付ける。
キバナノアマナ

キバナノアマナ

キバナノアマナ。ユリ科。15〜20cm。
1本の花茎から数個の黄色い花が咲く。
オオバナノエンレイソウ

オオバナノエンレイソウ

オオバナノエンレイソウ。30〜70cm、ユリ科。
3枚の花弁は先がとがり、やや横向きに咲く。
ミズバショウ

ミズバショウ

ミズバショウ。10〜30cm。サトイモ科。
白い仏炎苞のなかにある棒状ものが花。
エゾネコノメソウ

エゾネコノメソウ

エゾネコノメソウ。5〜12cm。ユキノシタ科。
花の後にできる黒い実が猫の目に見える。
ミヤマスミレ

ミヤマスミレ

ミヤマスミレ。5〜8cm。スミレ科。
山地に咲く花もここでは海岸近くに自生する。
タンチョウのつがい

タンチョウのつがい

風蓮湖畔の湿原で
タンチョウのつがいが巣をつくり卵を温めている。
タンチョウ抱卵交代

タンチョウ抱卵交代

タンチョウの抱卵交代。夫婦が交代して
ヒナが孵化するまで巣の中の卵を温める。
タンチョウの卵

タンチョウの卵

巣の中の卵・・・。重さは約230グラム。
ニワトリの卵の約4倍の重さです。
タンチョウの嘴打ち

タンチョウの嘴打ち

右の卵が割れている。
卵の中のヒナが自らの嘴であけた嘴打ち(はしうち)です。
タンチョウ・ヒナ誕生

タンチョウ・ヒナ誕生

夫婦が交代で卵を温め続けて30日余り
小さなヒナの誕生。体重は130グラムほど
タンチョウのヒナ

タンチョウのヒナ

生まれて2日目のヒナ。
小さくとも野生の逞しさに溢れた新しき命が輝きます。