「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
  08年7月12日放送分「大雪山の湿原と旭岳 夏の花」

大雪山

大雪山

7月初旬、僅かに雪が残る北海道の屋根
夏の大雪山です。
沼ノ原湿原・夏

沼ノ原湿原・夏

大雪山の南、標高1400メートルの溶岩台地に 広がる
天上の湿原、夏の沼ノ原。
沼ノ原湿原・夏

沼ノ原湿原・夏

沼ノ原には大小の沼や地塘が広がる
美しき湿原・・。
その誕生は遥か3万年前まで遡る・・・。
ヒサゴ沼・夏

ヒサゴ沼・夏

トムラウシ山直下、1700メートルの高みにあるヒサゴ沼。
夏は縦走者のテント場になるオアシスだ。
黄金ケ原尾根の地塘

黄金ケ原尾根の地塘

トムラウシ山の西、黄金ケ原から伸びる尾根に
雪融け後に現れる秘密の大地塘・・・。
黄金ケ原尾根の地塘

黄金ケ原尾根の地塘

標高1400〜1500メートルに広がる地塘は
山の神がつくった美しき棚田です。
旭岳(2291m)・夏

旭岳(2291m)・夏

大雪山系の主峰、旭岳。標高2291メートル、
活火山で北海道の最高峰です。
姿見平の残雪

姿見平の残雪

標高1600メートルを越える高さの姿見平。
沢ひだの残雪が溶け出し、いのちの水が生まれる。
エゾノツガザクラ

エゾノツガザクラ

エゾノツガザクラ。ツツジ科。常緑の小低木。
ピンク色のつぼ型の花をつけます。
チングルマ

チングルマ

チングルマ。バラ科。高さ10〜20cmの小低木。
白い清楚な花を付ける。
メアカンキンバイ

メアカンキンバイ

メアカンキンバイ。バラ科。3〜10cmの多年草。
黄色の花が夏の風に揺れる・・・・。
キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲ

キバナシャクナゲ。ツツジ科。20〜40cm
常緑の小低木。
姿見平を代表する花のひとつ・・・・。

エゾコザクラ

エゾコザクラ

エゾコザクラ。サクラソウ科。10〜15cm、
可憐な多年草。湿った草地に咲く。

ハクチョウの雪形

ハクチョウの雪形

ハクチョウの雪形。
裾合平の湿原から見た旭岳の斜面に残雪の白鳥が飛ぶ・・・。