「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
  08年12月6日放送分「サロベツ原野にオオヒシクイ飛来」

ペンケ沼・オオヒシクイ

ペンケ沼・オオヒシクイ

サロベツ原野のペンケ沼。
シベリアから渡って来たオオヒシクイが沼の上を飛ぶ。
オオヒシクイ

オオヒシクイ

オオヒシクイ。カモ科。
マガンより大きく85cm程。
国の天然記念物。
オオヒシクイの群れ

オオヒシクイの群れ

牧草地に下り立ったオオヒシクイの群れ・・。
渡りの数は、7,000羽程。
サロベツは国内最大の渡りの中継地。
オオヒシクイ・採食1

オオヒシクイ・採食1

牧草地で採食するオオヒシクイ。
黒い嘴の先と脚のオレンジ色が目立つ。
オオヒシクイ・採食2

オオヒシクイ・採食2

越冬地の本州へ旅立つまでの短い間に
栄養価の高い牧草をついばみ体力をつける。
サロベツは貴重なオアシス。
ペンケ沼と夕陽

ペンケ沼と夕陽

夕陽に染まるペンケ沼。
オオヒシクイにとって、キツネに狙われる事のない安全な塒。
オオヒシクイ・夜の沼

オオヒシクイ・夜の沼

日中のオオヒシクイは、牧草地で食事し、
夜は沼の中で集団でまどろみます。
オオヒシクイ・早朝の飛立ち1

オオヒシクイ・早朝の飛立ち1

夜明け前、
早々と目覚めた一団がペンケ沼を飛び立ちます。
オオヒシクイ・早朝の飛立ち2

オオヒシクイ・早朝の飛立ち2

力強い羽音を立てて舞い上がる姿は壮観。
群れをつくり朝の食事に向かいます。
オオヒシクイ・採食3

オオヒシクイ・採食3

体に栄養と体力をつけたオオヒシクイは
10月を過ぎると次々と本州の越冬地へ旅立ちます。