「北の自然と野生」 毎週土曜日 朝5時30分〜5時50分放送
  09年1月17日放送分「知床 流氷の海と冬鳥」

流氷の帯

流氷の帯

知床半島に近づく流氷帯。
ロシア・シベリア沿岸から1000キロもの
長旅を続けてきた白い使者。
流氷と知床連山

流氷と知床連山

知床連山望むオホーツク海沿岸は
流氷が見られる北半球で最も南の海・・・。
流氷の平原・1

流氷の平原・1

知床の海は、風と潮流で運ばれてきた流氷で、
一夜にして白い平原と化す。
流氷の平原・2

流氷の平原・2

例年1月中旬から3月まで知床沿岸は
流氷で埋め尽くされるが、
地球温暖化で年々規模は小さくなっている。
オオワシ・2羽

オオワシ・2羽

翼を広げると2m20cm〜50cmのオオワシ。
知床で越冬するためにシベリアなどから渡ってくる冬鳥。
オオワシ

オオワシ

オオワシの生息数は、
極東ロシアを中心に
僅か5000羽ほど絶滅が心配されている。
オジロワシ

オジロワシ

尾羽が白いオジロワシ。
殆どがシベリアやサハリンから知床へ渡ってくる冬鳥。
オジロワシ・2羽

オジロワシ・2羽

オジロワシはオオワシと共に数が少なく
国の天然記念物に指定されている。
ワタリガラス

ワタリガラス

ワタリガラス。カムチャッカなどから越冬のため渡ってくる。
カラスの仲間では最も大きく63cmほど。
ワタリガラス・2羽

ワタリガラス・2羽

アラスカの先住民の神話には
ワタリガラスが登場し、
地球創造の主として語り継がれている。